イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

マルチェロ・マストロヤンニ主演作品上映会

イベント終了日:2017年06月05日(月)


写真展「マルチェロ・マストロヤンニ 輝き続けるスターの肖像」(5月26日~6月17日、イタリア文化会館エキジビションホール)の併催企画として、マストロヤンニ主演の映画3本の上映会を開催します。

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

le_notti_bianche.jpg
6月3日(土)13:30 (開場:13:00)
「白夜」(1957年, イタリア)

監 督:ルキーノ・ヴィスコンティ
出 演:マルチェロ・マストロヤンニ、マリア・シェル、ジャン・マレー、クララ・カラマーイ

【解 説】
ドストエフスキーの短編小説を『夏の嵐』のルキーノ・ヴィスコンティが映画化したラブロマンス。イタリアの港町を舞台に、青年と恋人を待つ少女の恋模様を幻想的に描く。
【あらすじ】
イタリアの港町。転勤してきたばかりの青年マリオは、夜、運河の橋際に立ち、ひとり泣いている少女ナタリアを見つける。マリオは彼女に声をかけ、また会う約束をする。翌日、彼女はマリオに身の上を語った。ナタリアには、1年後の結婚の約束をして去っていった恋人がいた。1年が経った今、ナタリアは毎晩、約束の場所で恋人を待っているが、なかなか現れないという。マリオはナタリアの思いを知るも、彼女に惹かれ始めていて…。

お申し込み:こちらをクリックしてください。
*6月3日は入れ替え制です。


i_girasoli.jpg
6月3日(土)16:00 (開場:15:40)
「ひまわり」(1970, イタリア=フランス)

監 督:ヴィットリオ・デ・シーカ
出 演: ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サヴェリーエワ、アンナ・カレナ
【解 説】
戦争に引き裂かれる男女の運命を描いた、恋愛ドラマの名作。監督は『自転車泥棒』のヴィットリオ・デ・シーカ。出演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ。
【あらすじ】
第二次世界大戦の最中、結婚式をあげたばかりのアントニオは極寒のロシア戦線に送り込まれる。次々と仲間たちが倒れてゆく中、彼を救ったのは地元の娘マーシャだった。時は流れ、帰らぬ夫を待ち続けるアントニオの妻、ジョバンナはモスクワへと旅立つ。遠い異国の地で愛する夫を捜すジョバンナがたどり着いたのは、マーシャと結ばれ家庭まで持っていたアントニオの家だった…。全編に流れる哀愁を帯びたテーマ曲も人気の作品。

お申し込み:こちらをクリックしてください。
*6月3日は入れ替え制です。

una_giornata_particolare.jpg
6月5日(月)14:30 (開場14:00)
「特別な一日」(1977, イタリア=フランス)

監 督:エットレ・スコーラ
出 演: ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、ジョン・ヴァーノン、フランソワーズ・ベール
【解 説】
ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが共演し、迫真の演技を見せる官能ロマンス。ムッソリーニ政権下のローマを舞台に男女の禁じられた一日限りの恋を描く。
【あらすじ】
1938年のローマ。ヒトラーがやってくる式典が行われる日、ほとんどの市民は会場の広場に足を運んでいた。ムッソリーニ信奉者の夫と6人の子どもを抱える主婦アントニエッタは、広場に向かう夫たちを見送った後、部屋にひとり取り残され家事をこなしていたが、飼っていた九官鳥が逃げ出したのをきっかけに同じアパートで暮らすガブリエレという男と出会う。陽気に話しかけてくる彼に誘われ、2人は部屋でルンバを踊り……。

お申し込み:こちらをクリックしてください。


〈インフォメーション〉
開催日:2017年6月03日(土)・05 日(月)
主 催:イタリア文化会館
協 力:株式会社 IMAGICA TV
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 
1 / 1