イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

レモ・アンツォヴィーノ ピアノソロコンサート「 ノクターン in Tokyo」

イベント終了日:2019年05月22日(水)

remo_anzovino_gianluca_moro_800.jpg

作曲家でピアニストのレモ・アンツォヴィーノは、映画音楽、テレビ番組のサウンドトラック、CM音楽など多岐にわたって活動し、その独創性と革新性で注目を集めています。今年2月27日には、映画「ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」(Hitler contro Picasso e gli altri 4月19日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開)と、ほか2作の映画音楽の作曲に対し、イタリア映画記者組合が選ぶ映画賞「ナストロ・ダルジェント賞」(銀のリボン賞)を受賞しました。
本コンサートでは、2017年にリリースしたアルバムNocturneの収録曲を中心に演奏します。


演奏曲(予定)
Nocturne in Tokyo
Galilei
Hallelujah
Estasi
Empty House
Storm
Miss You
Still Raining
Universi
Istanbul
In Your Name
Manhattan 5 AM
The Stars
Valse Pour Une Femme



お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


レモ・アンツォヴィーノ 作曲家、ピアノ
Remo Anzovino, compositore, pianista

remo_anzovino_800_simone_di_luca_copy.jpg


1976年、ナポリ出身の両親のもとイタリア北部ポルデノーネで生まれる。24歳でボローニャ大学を最優秀の成績で卒業。
映画音楽、テレビ番組のサウンドトラック、CM音楽など、その活動は多岐にわたり、国内外で高い評価を受けるとともに、現代音楽界でもっとも革新的な作曲家、ピアニストと考えられている。ヤマハ・ミュージック・ヨーロッパ所属アーティスト。
ピアノソロとしての初めてのアルバムは、2006年にリリースしたDispariで、その後、Tabù (2008)、Igloo (2010)、Viaggiatore immobile (2012)を発表。ライブアルバムの制作や、L’alba dei tram – dedicato a Pasolini (2015, 路面電車の夜明け-パゾリーニに捧げる)や、ロイ・パーチとのFight for Freedom: Tribute to Muhammad Ali (2017, 自由への闘い-モハメド・アリに捧げる)など、著名アーティストやアスリートに捧げた作品制作を積極的に行っている。
2017年にリリースしたアルバムNocturneは、国際色豊かな作品で、人間の孤独、現代社会が抱える矛盾とともに、人生の素晴らしさを追求している。
また、2017年9月に公開された映画Canto alla durata – omaggio a Peter Handke (時の流れの詩-ペーター・ハントケへのオマージュ)の音楽を担当。映画「ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」(Hitler contro Picasso e gli altri)、Van Gogh. Tra il grano e il cielo (ゴッホ-小麦と空の間で)でも音楽を手がけた。

<インフォメーション>
開催日:2019年5月22日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
協 力:New Age Productions/SUONI ITALIANI
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:音楽▲トップ
 
1 / 1