イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

レナータ・アルロッティ ギターコンサート The Japan Suite

イベント終了日:2019年07月25日(木)

プログラム

ヨハン・セバスティアン・バッハ (1685-1750)
前奏曲、フーガとアレグロ変ホ長調 BWV998

ビセンテ・アセンシオ (1908-1979)
内なる想い
I. La Serenor
II. La Joia
III. La Calma
IV. La Gaubança
V. La Frisança

アレクサンデル・タンスマン (1897-1986)
パッサカリアの形式による小品

ナディル・ガローファロ (1986- )
The Japan Suite (2019)
I. 桜 の舞 - op. 13
II. 芸者の涙 - op. 17 no. 1
III. 神奈川沖浪裏 - op. 17 no. 2
*世界初演、レナータ・アルロッティに捧げる


お申し込み方法:こちらをクリックしてください
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


レナータ・アルロッティ ギター
Renata Arlotti, chitarra

170228_Renata2687_800.jpg

サッサリ出身。同地でギターを学び始める。その後ミラノで、ロレンツォ・ミケーリに師事。また、A.ディアツ、A.ポンセ、M.メーラ、M.ロナルディ、F.ジガンテ、O.ギッリャなど世界的に著名なギタリストによるマスタークラスなどに数多く参加する。2011年、ヴァッレ・ダオスタ音楽院を最高点で修了。2013年、ルガーノにあるスイス・イタリア音楽院でL.ミケーリに師事し、修士号取得。その後、ロンドンの王立音楽アカデミーで学ぶ。2012年から2016年まで、シエナ・キジャーナ音楽院でO.ギッリャのコースに通う。その間も、イタリア国内やイギリス、スイス、ドイツ、スペイン、アメリカ、日本、イランなどで演奏する。

2016年、M.レヴィン、D.ラッセル、F.ザノンの指導のもと、王立音楽アカデミーでマスターを取得する。同年、国際ギター財団(International Giutar Foundation)主催の「ヤング・アーティスト・プラットフォーム」のオーディションに合格し、ロンドンのキングス・プレイス、ニューカッスルのセージ・ホール、また、バース・ギターフェスティバルやノースイースト・ギターフェスティバルで演奏する。
テヘラン・コンテンポラリー・ミュージック・フェスティバルに招聘され、イランの作曲家Ardavan Vossoughi(A.ボッスーギ)がアルロッティに捧げて作ったギターとオーケストラのための作品Hesarを世界初演する。
2018年、レーベルStradivariusより、初めてのCDをリリース。
使用楽器は、フィレンツェのアンドレア・タッキが製作したギター(2011年製、2019年製)である。

<インフォメーション>
開催日:2019年7月25日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 
1 / 1