イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

世界イタリア料理週間:平松玲子写真展「美味なる主役たち」

イベント終了日:2019年11月24日(日)

11 -Squisiti protagonisti #9, 2019.jpg

平松氏は、フードフォトグラファーのもとで研鑽を積んだ後、独立し、主にスティルライフや広告写真を手がけました。その後、1995年から2014年までイタリアに滞在しました。太陽をたっぷり浴びて育ったイタリアならではの素材や、それらを使った伝統的な料理や創意工夫された料理に惹かれ、斬新な構図やアングルで撮影し続けてきました。本展では、そのなかから22点を展示します。一見すると何が撮影されているのかわからないものもありますが、想像しながら鑑賞するのも楽しいでしょう。後で、被写体についての説明が読めるようになっています。

ギャラリートーク
平松玲子氏が、本展監修者マヌエラ・デ・レオナルディス氏とともに、ギャラリートークを行います。(日本語逐次通訳付)
日時:11月23日(土・祝)14:00~15:30

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it

平松 玲子 
Hiramatsu Reiko
写真家。1995年にスティルライフを専門とするカメラマンとして独立。1995年渡伊。2014年までローマに在住。雑誌、新聞などに料理およびイタリア生活全般にわたるルポルタージュを寄稿。主な写真展に、「シチリアの光」(1999)、「Salute & Sapore」(ローマ 2008)、「Kakushiaji」(ローマ国際写真フェスティバル 2008, レッジョ・エミリア 2010)、「Bimi」(ローマ 2018, バーリ2019)など。

マヌエラ・デ・レオナルディス
Manuela De Leonardis
美術史家、ジャーナリスト、インディペンデントキュレーター。アートと食の関係に着目し、本の監修にも携わる。主なものに、Kakushiaji, il gusto nascosto (Gangemi 2008)、CAKE. La cultura del dessert tra tradizione araba e Occidente (Postcart 2013)、Taccuino sannita. Ricette molisane degli Anni Venti (Ali&No 2015)、Jack Sal. Half Empty/Half Full - Food Culture Ritual (2019)、Ginger House (2019)。

<インフォメーション>
開催日:2019年11月18日~24日
時 間:11:00~18:00
主 催:イタリア文化会館、イタリア大使館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:写真▲トップ
 

世界イタリア料理週間:イリー コーヒーセミナー

イベント終了日:2019年11月18日(月)

illy image 1.jpg

イタリア出身の講師が、イタリアでのエスプレッソの楽しみ方や味わい方、特にコーヒーアロマの特徴や、パーフェクトに抽出できたエスプレッソの見分け方と、カフェインについて講義します。また、家庭でも楽しめるモカポットで抽出したコーヒー、カプセル式のエスプレッソマシンを使ってのエスプレッソコーヒーアレンジやカプチーノの作り方を実演します。さらに、illy社とイタリアのインテリアやキッチンツールでおなじみのALESSIとのコラボレーションで生まれたモカポットPulcinaの紹介も行います。(日本語のみ)

日程
*各回定員25名。各回内容は同じです。
11月18日(月)11:00~12:30
11月18日(月)15:00~16:30

詳細、お申し込み:こちらをクリックしてください。
お問い合わせ:eventi.iictokyo@esteri.it

ステファノ・カヴァリエーリ
Stefano Cavalieri

illy coffee university trainer.jpg

1983年生まれ。ローマ大学で日本とアジアの文化を勉強した後、2012年来日。初回来日時からさまざまイタリアンブランド(主に食材)に携わる。現在はイリー社の代理店、キーコーヒー株式会社にて、UdC(イリーコーヒー大学)のインストラクター兼イリーブランド担当者。

<インフォメーション>

開催日:2019年11月18日
主 催:イタリア文化会館、イタリア大使館
協 力:illycaffè, ALESSI
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 食文化▲トップ
 

世界イタリア料理週間:トークイベント「イタリアの食文化に関する書籍の紹介」

イベント終了日:2019年11月23日(土)

libri per il sito.jpg

イタリア料理やエノガストロノミ―に関する話題の最新書籍について、著者自らが紹介するトークイベントを行います。世界中の人々から愛されるイタリア料理の、その伝統と革新の一端を紹介します。

『コーヒーで料理を作る』横山 千尋(11月18日13:30~14:30)

『ガイドブックでは分からない現地発!イタリア「街グルメ」美味しい話』大矢 麻里(11月19日16:30~17:30)

『イタリア「地パスタ」完全レシピ』小池 教之(オステリア・デッロ・スクード)池田 愛美(11月23日11:30~12:30)

詳細、お申し込み:こちらをクリックしてください。
お問い合わせ:eventi.iictokyo@esteri.it

<インフォメーション>
開催日:2019年11月18日~23日
主 催:イタリア文化会館、イタリア大使館
協 力:紀伊國屋書店 洋書専門店 Books Kinokuniya Tokyo, 旭屋出版、世界文化社
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 食文化▲トップ
 

世界イタリア料理週間:クァルテット・インテルゾ-ン コンサート「Crazy Little Things」

イベント終了日:2019年11月18日(月)

2.jpg

インテルゾーンは、フランチェスコ・チミニエッロ、ロベルト・ミゴーニ、アンドレア・デゾグス、カルロ・プシェッドゥからなるパーカッションクァルテットで、2005年、国立カリアリ音楽院での研究を通して結成されました。以来、打撃音が創り出す音と、その共鳴からなる表現を探り続けてきました。レパートリーには、スティーヴ・ライヒ、ヤニス・クセナキス、ジョン・ケージ、デイヴィッド・ラングなどの楽曲があります。また、ダンスやシアターミュージック、ビデオ・インスタレーションを手がけるなど、活動の幅を広げています。本コンサートでは、パーカッション音楽の新たな可能性を追求する4人が、ボウルやグラスなど身近な食器なども使用したユニークな演奏を繰り広げます。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


フランチェスコ・チミニエッロ
Francesco Ciminiello

カリアリ音楽院卒業後、パリのリュエイユ・マルメゾン地方音楽院でガストン・シルヴェストルに師事。ソロ・パーカッショニストとして、さらに室内楽においても上級クラスで金賞を受賞。ピーター・アースキン、ガストン・シルヴェストル、デイヴィット・コッシン、スティーブン・シックなどのドラム奏者に師事。主に前衛音楽をレパートリーに持ち、ソロコンサートでも高い評価を得ている。「モト・コントラリオ・デュオ」、「トリオ・フェルドマン」、パーカッション・アンサンブルの「モデュラー・クァルテット」、「クァルテット・インテルゾーン」のメンバーとしても活動しており、ヨーロッパ各国でのフェスティバルで成功を収めている。現在、カリアリ音楽院打楽器コースで教鞭を執っている。

ロベルト・ミゴーニ
Roberto Migoni

カリアリ音楽院でパーカッションを専攻し首席卒業。前衛音楽を研究しソロ活動も行う。また、「ミニム・アンサンブル」、「アンサンブル・スパツィオムズィカ」、「モデュラー・クァルテット」、「クァルテット・インテルゾーン」、「モデュラー・アンサンブル」(2012年 CD 「ドラミング」発売 )のメンバーとしても活躍している。デイヴィット・コッシン、スティーブン・シック、マルクス・シュトックハウゼン、平山美智子(声楽家)などと共演。またジャズのフランコ・ダンドレア、フランコ・チェリなどと共にヨーロッパ各国のジャズクラブやフェスティバルに参加している。現在、カリアリ音楽院でジャズドラムの講師を務めている。

アンドレア・デゾグス
Andrea Desogus

カリアリ音楽院でフランチェスコ・チミニエッロに師事し、最高点で卒業。その後、3年制のジャズドラムコースを専攻。ロベルト・ペッレグリーニ、ガストン・シルヴェストル、デヴィッド・フリードマン、ジョー・ロック、ニール・パーシーなどに師事。主に前衛音楽やジャズをレパートリーに持つ。パーカッショニストのカルロ・プシェッドゥとのデュオ、アンサンブル「モデュラー・クァルテット」、「クァルテット・インテルゾーン」のメンバーとして活動している。ジャズ界ではジャンルーカ・トッツィ(ギター)とエマヌエーレ・ラ・バルベラ(ベース)と共にトリオでの活動も行い、フェスティバルやさまざまイベントで演奏。また、SeuINmusicaフェスティバルではアート・ディレクターを務める。現在、中学校講師としてパーカッションを教えている。

カルロ・プシェッドゥ
Carlo Pusceddu

カリアリ音楽院でフランチェスコ・チミニエッロに師事し、最高点で卒業。その後、ニール・パーシー、アンドレア・ドゥルベッコ、ジョー・ロック、デヴィッド・フリードマンなどに師事。前衛音楽を主なレパートリーとし、アンドレア・デゾグスとのデュオ、アンサンブル「モデュラー・カルテット」「カルテット・インテルゾーン」のメンバーとして活動している。同時にカリアリ歌劇場財団やアレーナ・ディ・ヴェローナ財団管弦楽団、ミラノ・スカラ座などイタリアの主要なオーケストラでパート・リーダーを務める。またサルデーニャ島の民族音楽に対する知識も豊富で、現在、サルデーニャ島の木製三管楽器ラウネッダスを習得中。

<インフォメーション>

開催日:2019年11月18日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館、イタリア大使館
協 力:エジストプロジェクト
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 
1 / 1