イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

グロリア・カンパネール ピアノコンサート The Lost Book

イベント終了日:2018年10月04日(木)
campaner_foto.png

気鋭のピアニスト、グロリア・カンパネールが2年の時を経てイタリア文化会館に帰ってきます。
本コンサート「The Lost Book」には、さまざまなオマージュが込められています。まずは、イタリアへのオマージュです。それは、イタリア人作曲家O.レスピーギやG.ソッリマの楽曲を取り上げ、C.ドビュッシーの作品のなかから「アナカプリの丘」を演奏することに表われています。また、今年没後100年を迎えたドビュッシーや、L.v.ベートーヴェンにも捧げられています。
さらに、ソッリマの「The Lost Book」が日本で初めて演奏されます。この作品は、カンパネールのために書かれたもので、自由で即興的なスタイルのなかに、「ビアモンティ作品目録」に収録されているベートーヴェンの幾つかの未完作品が連想されます。今回のプログラムは、ベートーヴェンとソッリマを除いて、ほぼ同時代に生きた作曲家たちの作品から成っています。その音楽表現は変化に富んでおり、20世紀前半のヨーロッパで、いかに多くの優れたピアノ曲が作られたかが理解できることでしょう。


プログラム

O. レスピーギ (1879-1936)
「6つの小品」より「夜想曲」(1903)

L.v. ベートーヴェン (1770-1827)
ピアノソナタ第14番「月光」(1802)

G. ソッリマ (1962- )
ザ・ロスト・ブック(2016) *日本初演

********

C. ドビュッシー (1862-1918)
前奏曲集第1巻より「アナカプリの丘」(1911)
「ベルガマスク組曲」より「月の光」(1905)
喜びの島(1904)

A. スクリャービン (1872-1915)
練習曲 Op.2-1 嬰ハ短調(1887)
焔に向かって(1914)

S. プロコフィエフ (1891-1953)
トッカータ Op11 ニ短調(1912)


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it

グロリア・カンパネール ピアノ

Gloria Campaner, pianoforte
ヴェネツィア生まれ。ペスカーラ音楽院、カールスルーエ音楽大学で学ぶ。
イタリア内外のコンクールで優勝したほか受賞多数。スタインウェイのオフィシャルアーティスト。イタリアをはじめ各国の音楽祭などで活躍している。
室内楽奏者としてシュトゥットガルト放送交響楽団、スカラ座フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のソリストと共演している。最近では、チェリストのヨハネス・モーザーやクレモナ四重奏団と共演している。2013年、シューマン、ラフマニノフの作品を収録したアルバムをEMIから、また、2017年には、ラフマニノフ作品からなるアルバムをワーナークラシックスからリリースした。
ルカ・スカルツェッラ監督による数々のドキュメンタリーで取り上げられ、“The Heart of Stone”(2015)では彫刻家ピヌッチョ・ショーラとともに出演している。
現代音楽も手がけ、また、ビデオアート、ダンス、演劇など幅広いジャンルでコラボレーションしている。
gloria_2_sito.jpggloria_3_sito.jpg


〈インフォメーション〉
開催日:2018年10月04日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

テアトロ・アクトレス・アリドス コンサート Galanias

イベント終了日:2018年10月11日(木)


Sardinia Memory

サルデーニャ語で「美」や「貴重さ」を意味するGalanìas(ガラニアス)がタイトルの本公演は、歌、踊り、楽器演奏、そして映像上映から成っており、中心は、女性5人組のポリフォニー・コーラスです。サルデーニャには、子守歌をはじめ、宗教儀式や農作業、そのほか生活のさまざまな場面で歌を歌う慣習があります。本公演では、サルデーニャの伝統的な歌を独自にアレンジした作品を、伝統楽器ラウネッダスの演奏とともに披露します。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it


テアトロ・アクトレス・アリドス
Teatro Actores Alidos


ジャンフランコ・アンジェイ(演出)
ヴァレリア・ピリア(俳優・歌手(リーダー))
エリーザ・マロンジュ(歌手)
ディアーナ・プッドゥ(歌手)
ロベルタ・ロッチ(俳優・歌手)
ヴァレリア・パリーズィ(俳優・歌手)
オルランド・マーシャ(演奏家)
マヌエラ・サンナ(俳優)
フェデリカ・ズッカ(俳優)
アンドレア・マメーリ(俳優)
エマヌエーレ・モッチ(音響技師)
シルク・スピーガ(プロジェクト・マネージャー)


Sardinia Memory 2


1982 年創立。当初から演劇的要素をもつ集団として活動し、現在もその特徴が継承されている。サルデーニャ音楽、とりわけ女性の歌への関心を深めている。コーラスのリーダー、ヴァレリア・ピリアが、伝統を継承しながらも、元々モノフォニーであった歌をポリフォニーにアレンジした作品などを発表している。
ヴォーカルグループとしては、2001年にコペンハーゲンでのフェスティバルでデビュー。その後、ニューカッスル、ウィーン、マンレザ(スペイン)など数多くのフェスティバルに参加する。Folk Roots(イギリス)、Songlines(イギリス)、World Listening Post(アメリカ)など多くの専門雑誌に取り上げられる。2007年にマリア・カルタ賞受賞。イタリア国内のほか、ドイツ、ポーランドなどヨーロッパ諸国やレバノンでもテレビ、ラジオの番組に出演。アルバムGalanìasは2016年、イタリアの雑誌Blow upによって民族音楽ディスク賞に選ばれる。同アルバムはヨーロッパ諸国や日本で販売された。

<インフォメーション>
開催日:2018 年 10月 11 日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

イタリア現代アートの日 ロバート・ボシシオ&ミケーラ・ペドロン二人展

イベント終了日:2018年10月27日(土)

イタリア現代美術館協会(Associazione dei Musei d’Arte Contemporanea Italiani)は、2003年に創立した非営利団体で、現在24の美術館が加盟しています。
同協会は、2005年に「現代アートの日」というプロジェクトを立ち上げ、毎年10月の期間中、展覧会や講演会の他、さまざまなイベントを実施しています。これらはどれも入場無料で、現代アートに触れる機会を多くの人々に提供しています。
14回目となる本年より、同プロジェクトは、協会加盟の美術館の他、世界各地にあるイタリア文化会館でも実施されることになりました。
ここ東京では、104GALERIEと東京・銀座ヒロ画廊の協力を得て、ロバート・ボシシオとミケーラ・ペドロンの作品を展示します。


ロバート・ボシシオ 
Robert Bosisio

ロバート・ボシシオの絵は抽象画だろうか、具象画だろうか。観る者が思わずそんな問いを口にするのは、作品との距離や、そこに当たる光や影など、環境によって大きく変化する表象を目の当たりにするからです。ある作品は近距離で見ると曖昧な抽象画のように見えます。しかし数歩下がって全体を捉えた時、そこにはイメージ全体の輪郭が現れるのです。このボシシオ作品独特の効果は、用いられるオイル、テンペラ、灰、砂、ワックス、石膏などが重なってできる複雑なテクスチャーの層が織りなすものです。また彼の深い思考はその制作過程にも反映されています。時には古典的とも言える手法で描かれた風景画や人物像の具象性、それが自身の持つ抽象性とせめぎ合い、独自の領域に昇華しています。その交錯の中に潜む美が彼の作品の最大の魅力となり、観るものを惹きつけるのです。
本展では、近年描いてきた人物画を中心とした作品群を展示します。

Foto Robert Bosisio.jpg

1963 年イタリア北部トローデナ(ボルツァーノ県)生まれ。ウィーン美術アカデミーを卒業後、ベルリン、ニューヨーク、ロンドンで芸術を学ぶ。現在はトローデナ、クルジュ= ナポカ(ルーマニア)、ベルリン(ドイツ)の3都市のアトリエを拠点に制作活動を続けている。これまで、アートセンターHugo Voeten(ベルギー, 2014 年)、ギャラリーGalerie Doris Ghetta(イタリア, 2013 年)、国立美術館MUZEUL DE ARTA(ルーマニア, 2010 年)の他、オーストリア、ドイツ、スイス、アメリカなどで個展を開催。また2011年、イタリア・ヴェネツィアのラ・フェニーチェ賞を受賞し、ヴェネツィアビエンナーレのイタリアンパビリオンで展示を行うなど数々の賞を受賞。その作品は世界的にも高い評価を得ている。


ミケーラ・ペドロン 
Michela Pedron

本展ではイタリアのニューポップアーティスト、ミケーラ・ペドロンのペインティング、立体、インスタレーションの新作を含む、作家の全体像を一望出来る作品群を紹介します。
ペドロンは自身でコレクションしたシルクや織物を支持体として用い、そこに人間が二元的なイメージを抱く対象をモチーフとしてペインティング作品を制作しています。また、立体作品では既存の彫刻や模型などにヴィヴィッドな色彩やユーモアを加え、一度従来の固定イメージを払拭させ新たな視点を鑑賞者に与えることにより、現代社会にまつわる問題点や物事の本質を見つめ直すことを試みた作品を制作しています。

michela-2.jpg

1980年イタリア北部トレント生まれ。2005年にヴェネツィア美術学校の絵画専攻を首席で、翌2006年には同校のヴィジュアルアート専攻を首席で卒業する。現在は、ヴェネツィアとトレントに在住している。主な展覧会歴に、ロッキオギャラリー(ヴェネツィア, 2007年)、ワナビーギャラリー(ミラノ, 2008年)、CRAMアートセンター(メッツォコローナ, 2008年)、“折鶴のように” コーレド文化オフィス(コーレド, 2010年)、“トレンティーノ=アルト・アディジェ芸術の現在”トレント宮殿〈第54回ヴェネツィア・ビエンナーレイタリア館企画展〉(トレント, 2011年)、アートフォーソートギャラリー(東京, 2016年)、ヒロ画廊伊豆高原、伊豆大川(静岡, 東京・銀座 ヒロ画廊企画, 2017年)、蓼科山聖光寺(長野, 東京・銀座ヒロ画廊企画, 2018年)、CAFネビュラ展〈招待作家〉(埼玉, 2018年)。また、ラグーナアート賞(2008年)、マイクロスペースコンペティション(2010年)、チェレス4アート賞(2011年)、カイロ出版アート賞(2015年)などを受賞。

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it

<インフォメーション>
開催日: 2018年10月12日 ~ 2018年10月27日
時 間: 11:00 18:00(休館日なし、10月19日のみ16:30まで)
主 催: イタリア文化会館
協 力: 104GALERIE、東京・銀座ヒロ画廊
入 場: 無料
会 場: イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

公演「マラー/サド マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺」

イベント終了日:2018年10月13日(土)
volantino_800.jpg


平成30年度 世界精神保健デー 普及啓発事業
イタリア精神保健法(バザーリア法)制定40周年記念プログラム

記念公演:イタリア精神障害者当事者による演劇
「マラー/サド マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺」

エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局の患者たちによるプロフェッショナルな劇団である非営利団体が、エミリア・ロマーニャ演劇財団と協同で制作した舞台作品。ペーター・ヴァイスによる戯曲は1964年に初演され、1967年には、ピーター・ブルックにより映画化されています。

フランスのシャラントン精神病院に収監されているマルキ・ド・サド侯爵が、患者たちを使い、フランス革命指導者であり、後にシャルロット・コルデーにより浴槽で刺殺されるジャン=ポール・マラーのドラマを描くという設定の劇中劇。実際に精神障害や社会からの疎外を経験した俳優たちが、芸術的な感性と巧みな演技力で、革命、そして、人間としての自由を表現します。イタリア国内ならず、中国やスペインでの海外公演でも高い評価を得ています。

脚本:ペーター・ヴァイス
脚色・監督:ナンニ・ガレッラ
オリジナル音楽:サヴェリオ・ヴィータ
制作:エミリア・ロマーニャ演劇財団、アルテ・エ・サルーテ非営利団体、エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局

<プログラム>

17:00~17:30
開会挨拶/プレゼンテーション
 パオロ・カルヴェッティ(イタリア文化会館館長)
 ヴィルジニオ・メーロラ(ボローニャ市長)
 アンジェロ・フィオリッティ(ボローニャ精神保健局局長)
 野口博文(東京ソテリア代表)
17:30~17:45 休憩
17:45~19:15 公演「マラー/サド」
19:15~19:45
会場との対話
 ナンニ・ガレッラ(監督)
 イヴォンヌ・ドネガーニ(前ボローニャ精神保健局局長)
19:45 閉会

お問い合せ:特定非営利活動法人 東京ソテリア
Tel. 03-5879-4970 E-mail: info@soteria.jp


********
同時開催
特別展示:バザーリア法の結実-日伊精神障害者共同就労支援プロジェクト-
イタリアと日本の精神障害者による芸術作品、福祉施設や社会的協同組合で製作された授産品等の展示
10月12日(金)板橋区役所1階
10月13日(土), 14日(日)東京ソテリアハウス
8:30~17:00(3日間とも)
※14日はトークショーもあります。
********

主催:イタリア文化会館、エミリア・ロマーニャ州立ボローニャ地域保健連合機構精神保健局、特定非営利活動法人東京ソテリア
後援:公益社団法人全国精神保健福祉会連合会、認定特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構、特定非営利活動法人全国精神障害者地域生活支援協議会、外務省、東京都板橋区
協力:株式会社マザーズリヴ、株式会社シロシベ
認証:beyond2020プログラム
協賛:セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ・ワールドワイド・ジャパン株式会社

<インフォメーション>
開催日:2018 年 10月 13 日
時 間:17:00-19:45
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 演劇▲トップ
 

映画上映会『おとなの事情』

イベント終了日:2018年10月15日(月)

「イタリア語とインターネット」をテーマにした第18回世界イタリア語週間の一環として、『おとなの事情』(監督パオロ・ジェノヴェーゼ)を上映します。

2016年に公開されたこの作品は、イタリア内外で大成功を収めた傑作で、現代の人間関係においてチャットやショートメッセージがコミュニケーションツールとして便利な反面、実は危険な一面も潜んでいることを辛辣に描き出したブラックコメディです。

友人夫婦が集う夕食の席で各々の秘密をかけて“あるゲーム”を始めたことから、物語が始まる……。

(日本語字幕付き)

メイン.jpg
© Medusa Film 2015



パオロ・ジェノヴェーゼ
Paolo Genovese

パオロ・ジェノヴェーゼ は、数多くのコメディ映画の監督を務め、イタリア国内で高い評価を受けた俳優や歌手と常にコラボレーションしています。また、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞やCiak d’Oro賞をはじめ、数々の賞を受賞しており、今年は第75回ヴェネツィア国際映画祭の審査委員を務めました。


お申込み:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: corsi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3262-4500

サブ①101826.jpg
© Medusa Film 2015


◆監督・脚本:パオロ・ジェノヴェーゼ
◆脚本:フィリッポ・ボローニャ、パオロ・コステラ、パオロ・ジェノベーゼ、パオラ・マミーニ、ロランド・ラヴェッロ
◆出演:ジュゼッペ・バッティストン、アルバ・ロルヴァケル、ヴァレリオ・マスタンドレア 他
◆2016年/イタリア/96分/ビスタ/5.1ch/原題: Perfetti Sconosciuti
◆日本語字幕:柏野文映 後援:イタリア大使館 イタリア文化会館
(c)Medusa Film 2015
◆配給・宣伝:アンプラグド

〈インフォメーション〉
開催日 : 2018 年 10月 15 日
時 間 :18:30 ~ 20:30
主 催 : イタリア文化会館
入 場 : 無料
会 場 :イタリア文化会館アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 

「#Italiano、インターネットにおけるイタリア語とは?」エリーザ・コリーノ講演会

イベント終了日:2018年10月18日(木)

african-american-3658093_1920.jpg

第18回世界イタリア語週間の一環として、言語学者のエリーザ・コリーノが「イタリア語とインターネット」をテーマに、イタリア語とインターネットの世界、ソーシャルネットワークも含み、情報とコミュニケーションの新しい技術との関連性について語ります。

日本語逐次通訳付き

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it 

エリーザ・コリーノ
Elisa Corino
1979年トリノ生まれ。言語と外国文学を専攻し卒業後、図書館学とマルチメディア学の分野で修士号を取得、言語学の研究で博士号を取得。2012年よりトリノ大学言語学学科研究者。MUST(Multilingual Student Translation Corpus)を含む国内外の多数のプロジェクトに参加。文法の歴史、言語学一般、外国語としてのイタリア語学習、翻訳、教授法、辞書編集や句読点に関する60以上の作品を出版。

〈インフォメーション〉
開催日:2018 年 10月 18 日
時 間:18:30 20:00
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場 :イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

Insegnare l'italiano 2.0: nuove tecnologie e risorse online

イベント終了日:2018年10月21日(日)

D3S7694.jpg


Giornata dell’aggiornamento glottodidattico per insegnanti di Italiano LS.

Nell’ambito della XVIII edizione della Settimana della Lingua Italiana nel Mondo, il cui tema è “L’italiano e la rete, le reti dell’italiano”, la linguista Elisa Corino affronta il tema della nuove teconologie applicate all’insegnamento della lingua italiana.

Qual è la relazione tra TIC e insegnamento? Certamente l’uso della tecnologia in classe può essere di grande supporto all’insegnante, se sfruttata in modo adeguato. Dal registratore a YouTube, passando per i corpora e l’insegnamento basato sui dati, vedremo alcune metodologie, tecniche e strumenti che possono venire integrati nelle buone pratiche didattiche di insegnamento dell’italiano LS/L2.

La conferenza si tiene in lingua italiana.

Elisa Corino
Nata a Torino nel 1979, dopo la laurea in Lingue e letterature straniere ha ottenuto un master in Editoria libraria e multimediale e un dottorato di ricerca in Linguistica. Dal 2012 è ricercatrice presso il Dipartimento di Lingue dell’Università di Torino. Partecipa a diversi progetti di ricerca nazionali e internazionali tra cui il MUST (Multilingual Student Translation Corpus). È autrice di oltre sessanta pubblicazioni di storia della grammatica, linguistica generale, apprendimento dell’italiano come lingua straniera, traduzione, didattica, lessicografia e punteggiatura.

Per prenotare cliccare QUI.
Per informazioni rivolgersi a Istituto Italiano di Cultura corsi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3262-4500.

〈インフォメーション〉

開催日 : 2018年 10月 21日
時 間 : 14:00 ~ 16:00
入 場 : 無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

Animated Spirits アニメーションフェスティバル 現代ヨーロッパ短編集

イベント終了日:2018年10月26日(金)

957b.jpg

Animated Spiritsは、ヨーロッパの最新短編アニメーションを紹介するフェスティバルです。2015年、ニューヨークのハンガリー文化センター所長を歴任したヴァダース・ズィタ・マラ氏により創設され、以来21ヶ国の86本の作品が上映されてきました。毎年、ベテラン監督のほか、新進気鋭の監督の作品も選定され、優れた最新の短編アニメーションを観る良い機会となっています。
今回はじめてニューヨークを離れ、東京でも開催されることになりました。

プログラム
第1部 18:00-18:45

『アイランド』(監督:ロリー・バーン, アイルランド, 2017, 13分)
『イエロー』(監督:イヴァナ・シェベストヴァ, スロヴァキア, 2017, 7分)
『SOG』(監督:ヨナタン・シュヴェンク, ドイツ, 2017, 10分)
『エレクトリシャンズ・デイ』(監督:ウラジミール・レシチョフ, ラトヴィア, 2017, 9分)
『メルロー』(監督:マルタ・ジェンナーリ、ジュリア・マルティネッリ, イタリア, 2015, 6分)

第2部 19:00-19:45
『LOVE』(監督:レーカ・ブチ, ハンガリー、フランス, 2016, 14分)
『オーマザー!』(監督:パウリナ・ジョルコフスカ, ポーランド, 2017, 12分)
『レート・シーズン』(監督:ダニエラ・ライトナー, オーストリア, 2017, 7分)
『ザ・フルーツ・オブ・クラウッズ』(監督:カテジナ・カルハーンコヴァー, チェコ, 2015, 6分)

上映後パネルトーク(日本語のみ)
木下小夜子(アニメーション作家/プロデューサー, 広島国際アニメーションフェスティバルディレクター)
伊藤有壱(アニメーションディレクター, 東京藝術大学大学院映像研究家アニメーション専攻教授)
イラン・グェン(東京藝術大学グローバルサポートセンター特任准教授)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:ハンガリー大使館 Tel. 03-5730-7120(代表)(月~木 14:00-17:00)

イタリア作品
『メルロー』

animated spirits.jpg

監督:マルタ・ジェンナーリ、ジュリア・マルティネッリ (イタリア)
2Dデジタル・アニメーション、2015年製作、6分
『メルロー』は、青で覆われたおとぎ話のような森で、“おこりん坊ばあちゃん”がワインボトルを失くしてしまう。これをきっかけに巻き起こる登場人物たちのドタバタ劇、そしてギャグ満載のやりとりが段々とクライマックスに向かい、やがて思いもよらない展開を迎えるハメになる。

マルタ・ジェンナーリ
Marta Gennari

1992年生まれ。2016年、イタリアのトリノにあるイタリア国立映画学校 (CSC) を卒業。本作『メルロー』は卒業制作として作られた。現在、フランスにあるアニメーション・スクール「ラ・プードリエール」で研鑽を積む。

ジュリア・マルティネッリ
Giulia Martinelli

1990年生まれ。トリノやトロントを拠点に活動するイタリア出身のアニメーター兼、絵コンテライター。2016年、イタリアのトリノ市にあるイタリア国立映画学校 (CSC) を卒業。本作『メルロー』は卒業制作として作製された。

〈インフォメーション〉
開催日: 2018 年 10月 26 日
時 間: 18:00
主 催: EUNIC(欧州連合文化機関 東京)、駐日ハンガリー大使館
特別協力: イタリア文化会館
参加国: 駐日アイルランド大使館、イタリア文化会館、オーストリア文化フォーラム東京、スロバキア共和国大使館、チェコセンター、東京ドイツ文化センター、駐日ハンガリー大使館、ポーランド広報文化センター、駐日ラトビア大使館
入 場: 無料
会 場: イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 
1 / 1