イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

伝統が育むヴェネチアングラスの現在(いま) ミケーラ・カッタイ展

イベント終了日:2019年05月25日(土)

©MichelaCattai_Bronze&Glass800.jpg
©Michela Cattai Bronze&Glass

ミケーラ・カッタイは、ヴェネチアングラスの伝統的な技法に依拠しつつ、新しい作品を現代に送り出してるアーティストです。
本展覧会では、4つのシリーズから計30点の作品を展示します。シリーズ「Canneto」では、色を使ってガラス素材を浮き立たせ、ヴェネツィアのラグーンの塩辛い海水と葦原の色を想起させます。
©MichelaCattai_Canneto800.jpg
©Michela Cattai Canneto

抽象的な「Triformi」は、サファイア、ブロンズ、クリスタルの洗練された色使いが見られる作品群です。シリーズ「Bulbi」は、自然への敬意をこめ、持続可能性を考えさせ、また、「Linfa」は、実験的な作品群で、他のアーティストが廃棄したブロンズとガラス素材から成っており、現代的メッセージを含んでいます。
©MichelaCattai_Triforme800.jpg
©Michela Cattai Triforme

また、展覧会では、ムラーノのガラス工房であるVeniniとのコラボレーションで制作された一連の作品を紹介する特別スペースが設けられます。これらの作品は、カッタイが日本の茶の湯に魅せられ、そこから着想を得て制作されたものです。


ミケ-ラ・カッタイ
Michela Cattai

michela cattai300.jpg

ヴェネツィアの美術学院で、ヴェネツィア・ビエンナーレの参加アーティストでもあるファブリツィオ・プレッシのもとで絵画を学んだ後、イタリアデザインにおけるガラスアートへの関心を深める。1992年に、アートとデザインとの対話を考えることを目的としたギャラリーを開設した後も、ヴェネツィア・ムラーノ島のブラウンガラスの研究を通じて、伝統的なルネサンスの技術と、20世紀のガラスの歴史、ガラスの色や形について学び、新機軸となるモデルと独特の影を作り出す抽象的な作品スタイルを生み出す。
最新の試みとして、リサイクルされた素材をガラスと組み合わせる作品(シリーズ「Linfaリンファ」)の発表によって、グローバルで現代的な課題についてメッセージを送り、注目を集めている。
カッタイの作品は、Nomad St. Moritz(サンモリッツ)、Fog Design+Art(サンフランシスコ)、The Venice Glass Week(ヴェネツィア)、Expo Chicago(シカゴ)、Design Miami/Basel(バーゼル)といった多くの国際アートフェアで発表され、なかでも2017年のイタリア議会下院の「最後の晩餐の間」を会場にした個展は大きな反響を呼んだ。また、ムラーノ・ガラス美術館、スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ協会、ドイツ・デジタル・ライブラリー、クンストパラスト美術館(デュッセルドルフ)などに収蔵されている。

<インフォメーション>
開催日:2019年5月10日 ~ 2019年5月25日
時 間:11:00 ~ 18:00
主 催:イタリア文化会館
協 力:Venini S.p.A., Ippodo Tea
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館、エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

Ciclo di proiezioni cinematografiche

イベント終了日:2019年07月10日(水)

65192_ppl.jpg

Un'affascinante carrellata di film recenti permette di scoprire la sfaccettata realtà dell’Italia contemporanea, come espressa da registi e autori affermati ed esordienti, in tutta la sua vitalità e le sue feconde contraddizioni.
Le proiezioni saranno presentate dalla Prof.ssa Daniela De Palma, Lettrice del Ministero per gli Affari Esteri e la Cooperazione Internazionale.
La presentazione introdurrà la trama e il significato del film.

Le proiezioni saranno in lingua italiana con sottotitoli in lingua inglese.

Per prenotare, cliccare il link inserito per ogni proiezione.
Per informazioni, rivolgersi a: corsi.iictokyo@esteri.it (Tel. 03-3262-4500)


15 maggio
The Startup

REGIA: Alessandro D'Alatri
DURATA: 97 Min

Qual è il sogno di ogni ragazzo di oggi? Inventare una app e svoltare! È quello che riesce a fare Matteo Achilli, 19enne romano che, esasperato dall'ennesima ingiustizia subita, inventa un social network che fa incontrare domanda e offerta di lavoro in modo innovativo. All'inizio nessuno crede al progetto e molti sono i falchi pronti ad approfittare di lui. Ma Matteo tiene duro, non demorde e ad un certo punto arriva la svolta…

Per prenotare, cliccare QUI.


22 maggio
Il padre d'Italia

REGIA: Fabio Mollo
DURATA: 93 Min

Paolo ha 30 anni e conduce una vita solitaria, quasi a volersi nascondere dal mondo. Il suo passato è segnato da un dolore che non riesce a superare. Una notte, per puro caso, incontra Mia, una prorompente e problematica coetanea al sesto mese di gravidanza, che mette la sua vita sottosopra. Spinto dalla volontà di riaccompagnarla a casa, Paolo comincia un viaggio al suo fianco che porterà entrambi ad attraversare l'Italia e a scoprire il loro irrefrenabile desiderio di vivere.

Per prenotare, cliccare QUI.


29 maggio
Ci vuole un fisico

REGIA: Alessandro Tamburini
DURATA: 80 Min

Alessandro e Anna si conoscono per caso. Entrambi avrebbero un appuntamento galante ma ricevono buca. Così il destino li fa incontrare. In principio Alessandro non sopporta quella ragazza che considera brutta e invadente. Ma nel corso di una lunga notte costellata di risse, balli sfrenati, bagni notturni e altre avventure ha modo di conoscerla meglio e di imparare qualcosa in più su di sé.

Per prenotare, cliccare QUI.


5 giugno
Luna e l'altra

REGIA: Maurizio Nichetti
DURATA: 99 Min

In una scuola elementare di Milano, nel 1955, si svolge una cerimonia per ricordare il sacrificio di un'eroica maestra morta per salvare i ragazzi. La scuola dove insegnava porterà da oggi il suo nome, Luna Di Capua. Un flash-back porta il racconto a due mesi prima, periodo in cui la personalità di Luna si sdoppia…

Per prenotare, cliccare QUI.


19 giugno
Il deserto dei tartari

REGIA: Valerio Zurlini
DURATA: 150 Min

Il film, tratto dall’omonimo romanzo di Dino Buzzati, racconta la storia di Giovan Battista Drogo, appena ventenne, tenente di fresca nomina, che per il suo primo servizio viene inviato, forse per uno sbaglio, alla fortezza Bastiano, baluardo del morente impero austroungarico, posto agli estremi confini orientali, di fronte a un deserto che dai Tartari prese il nome.
Nastro d'argento 1977 come Miglior regia, David di Donatello 1977 come Miglior regia e Miglior film; David Speciale a Giuliano Gemma.

Per prenotare, cliccare QUI.


25 giugno
Il Club dei 27

REGIA: Mateo Zoni
DURATA: 63 Min

Ventisette sono le opere del massimo compositore nazionale. Nel paese del melodramma c'è il Club esclusivo dei 27, composto di vere e proprie persone che si chiamano come le opere di Giuseppe Verdi. Si presentano così: "Piacere, Traviata, Rigoletto, Giovanna d'Arco...". La tranquilllità del Club viene scossa dall'arrivo di un ragazzino, Giacomo Anelli: si è procurato una divisa, la stessa spilla, vuole essere uno di loro…

Per prenotare, cliccare QUI.

3 luglio
La felicità è un sistema complesso

REGIA: Gianni Zanasi
DURATA: 117 Min

Enrico Giusti avvicina per lavoro dirigenti totalmente incompetenti e irresponsabili che rischiano ogni volta di mandare in rovina le imprese che gestiscono. Lui li frequenta, gli diventa amico e infine li convince ad andarsene evitando così il fallimento delle aziende e la conseguente perdita di migliaia di posti di lavoro. Ma una mattina un'auto cade in un lago e tutto cambia. Filippo e Camilla, due fratelli di 18 e 13 anni, rimangono orfani di un'importante coppia di imprenditori…

Per prenotare, cliccare QUI.


10 luglio
La macchinazione

REGIA: David Grieco
DURATA: 100 Min

Nell'estate del 1975, Pier Paolo Pasolini sta montando il suo film più aspro e controverso, “Salò o le 120 Giornate di Sodoma”. Quando, la notte del 26 agosto, viene sottratto dagli stabilimenti della Technicolor il negativo di “Salò”, scatta una trappola mortale che vede il suo ultimo atto nella notte fra il primo e il due novembre del '75, quando Pasolini si reca all'Idroscalo per riavere il negativo del film. Ciò che in realtà si trova ad affrontare è una trama pianificata in ogni dettaglio da tanti complici volontari e involontari, tutti ormai indistinguibili, tutti ormai ugualmente colpevoli.

Per prenotare, cliccare QUI.

Informazioni
Data: da mercoledì 15 maggio 2019 a mercoledì 10 luglio 2019
Orario: dalle 18:00 alle 20:00 (apertura sala: 17:30)
Organizzato da: Istituto Italiano di Cultura
Ingresso: libero
Luogo: Istituto Italiano di Cultura, Sala Puccini B1F
Share (facebook)
カテゴリー:映画▲トップ
 

コンテンポラリーダンス ダニエーレ・ニナレッロ「クドク&(無)連動」

イベント終了日:2019年05月18日(土)

Daniele_Ninarello_AndreaMacchia_350.jpg

クドク Kudoku (功徳)
作曲家ダン・キンゼルマンと振付家ダニエーレ・ニナレッロの出会いによって生まれた作品です。ふたりは空間を、身体とその不確実性、移りゆく様を表現する場所として捉え探索していきます。
ニナレッロは、日頃から即興でダンスを創っていますが、本作品では、それに加えて、キンゼルマンが、機械音や楽器の音色など、さまざまな音を取り込んだライブ・エレクトロニクスで即興演奏します。ニナレッロが絶えず音と対話をしながら身体表現をするなかで、キンゼルマンが紡ぐ音は、身体と空間を繋ぐ見えない糸となるのです。
「クドク」は、Aerowaves twenty17、ニュー・イタリアン・ダンス・プラットフォーム2017(NID Platform 2017)、セーヌサンドニ国際振付家による出会いの場(Rencontres Choreographiques – Seine Saint Denis)に招聘されました。

振付、ダンス:ダニエーレ・ニナレッロ
音楽、演奏:ダン・キンゼルマン
ドラマコンサルティング:カルロッタ・ショルド
制作:Codeduomo、Novara Jazz
上演時間:25分

Non(leg)azioni 9 by Elena Di Marco.JPG

(無)連動 Non(leg)azioni
ニナレッロが即興で踊る作品です。同作品では、互いに関係性のない動きの繋がりで成り立っています。身体は、空間との関係性において動き出し、ストーリー性をもたない新しい形や方向性を見出していきます。その目的は、身体が導くままに、空間のなかにある未知の世界の可能性を探ることです。
同作品は2011年、アヴィニョン冬のダンスフェスティバル(Les Hivernale CDCN d’Avignon)で上演されました。

考案、ダンス:ダニエーレ・ニナレッロ
演奏(録音):シャロン・イズビン(J.S.バッハ リュート組曲)
企画:シルヴィア・リモーネ
上演時間:20分

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


ダニエーレ・ニナレッロ
Daniele Ninarello

ロイヤル・ダンス・アカデミーで学んだ後、国際的に活躍する振付家、音楽家、作曲家と作品を創る。2007年より、イタリア内外のダンスフェスティバルで自作を踊る。2010年より、Les ReperagesやDance Roadsといったプロジェクトにより、若手振付家・ダンサーのネットワークAnticorpi XLに作品が選ばれる。Kudokuは、音楽家ダン・キンゼルマンとともに創り、ビエンナーレ・ダンツァ10(Biennale Danza 10)で初演される。最新作STILLはProspettiva Danza賞(2016)受賞。プロジェクトSTILL Body Experience with Digital Brainは、サン・パオロ・カンパニーによるコンクールORA! Linguaggi contemporanei, produzioni innovativeの受賞作品のひとつとなる。


ダン・キンゼルマン
Dan Kinzelman

2004年、アメリカのマイアミ大学卒業。その後、ドイツのケルンで1年暮らし、2005年よりイタリアに居住。すぐに、E.ラヴァ、S.バッターリャ、M.オットリーニと定期的に共演するようになる。同時に、Dan Kinzelman’s GhostやHobby Horseといった自身のグループでの活動を開始。また同世代のミュージシャンとも数多く共演し、イタリアの新たなジャズシーンの誕生に貢献する。

<インフォメーション>
開催日:2019年5月18日
時 間:17:00
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
続きを読む>>
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 演劇▲トップ
 

レモ・アンツォヴィーノ ピアノソロコンサート「 ノクターン in Tokyo」

イベント終了日:2019年05月22日(水)

remo_anzovino_gianluca_moro_800.jpg

作曲家でピアニストのレモ・アンツォヴィーノは、映画音楽、テレビ番組のサウンドトラック、CM音楽など多岐にわたって活動し、その独創性と革新性で注目を集めています。今年2月27日には、映画「ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」(Hitler contro Picasso e gli altri 4月19日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開)と、ほか2作の映画音楽の作曲に対し、イタリア映画記者組合が選ぶ映画賞「ナストロ・ダルジェント賞」(銀のリボン賞)を受賞しました。
本コンサートでは、2017年にリリースしたアルバムNocturneの収録曲を中心に演奏します。


演奏曲(予定)
Nocturne in Tokyo
Galilei
Hallelujah
Estasi
Empty House
Storm
Miss You
Still Raining
Universi
Istanbul
In Your Name
Manhattan 5 AM
The Stars
Valse Pour Une Femme



お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


レモ・アンツォヴィーノ 作曲家、ピアノ
Remo Anzovino, compositore, pianista

remo_anzovino_800_simone_di_luca_copy.jpg


1976年、ナポリ出身の両親のもとイタリア北部ポルデノーネで生まれる。24歳でボローニャ大学を最優秀の成績で卒業。
映画音楽、テレビ番組のサウンドトラック、CM音楽など、その活動は多岐にわたり、国内外で高い評価を受けるとともに、現代音楽界でもっとも革新的な作曲家、ピアニストと考えられている。ヤマハ・ミュージック・ヨーロッパ所属アーティスト。
ピアノソロとしての初めてのアルバムは、2006年にリリースしたDispariで、その後、Tabù (2008)、Igloo (2010)、Viaggiatore immobile (2012)を発表。ライブアルバムの制作や、L’alba dei tram – dedicato a Pasolini (2015, 路面電車の夜明け-パゾリーニに捧げる)や、ロイ・パーチとのFight for Freedom: Tribute to Muhammad Ali (2017, 自由への闘い-モハメド・アリに捧げる)など、著名アーティストやアスリートに捧げた作品制作を積極的に行っている。
2017年にリリースしたアルバムNocturneは、国際色豊かな作品で、人間の孤独、現代社会が抱える矛盾とともに、人生の素晴らしさを追求している。
また、2017年9月に公開された映画Canto alla durata – omaggio a Peter Handke (時の流れの詩-ペーター・ハントケへのオマージュ)の音楽を担当。映画「ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」(Hitler contro Picasso e gli altri)、Van Gogh. Tra il grano e il cielo (ゴッホ-小麦と空の間で)でも音楽を手がけた。

<インフォメーション>
開催日:2019年5月22日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
協 力:New Age Productions/SUONI ITALIANI
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

講演会「サステナブルな建築を考える」

イベント終了日:2019年05月24日(金)

Il_volantno_Fronte_350.jpg

イタリアのパドヴァ市で隔年開催されている建築賞と建築イベントを含めた建築ビエンナーレ「バルバラ・カポキン国際建築ビエンナーレ」の第5回日本巡回展を記念し、講演会を開催します。
賞に関わりの深い隈研吾氏、2017年国際賞グランプリを受賞したタイの建築家ワルット・ワラワーン氏が、建築におけるサステナビリティについて語ります。また、バルバラ・カポキン財団会長ジュゼッペ・カポキン氏が2019年度の応募に関する案内を行います。
(日伊英通訳付)

お申し込み・お問い合せ
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン 
Tel. 06-6363-5701
aueda@asj-net.com
ウェブサイト

インフォメーション:展示会
会 期:2019年5月23日~6月3日
時 間:11:00~18:00
入 場:無料
会 場:ASJ TOKYO CELL 東京都千代田区丸の内3-4-2 新日石ビル1F
主 催:バルバラ・カポキン財団、パドヴァ県建築家協会、
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社、イタリア文化会館
後 援:CNAPPC、イタリア大使館、ヴェネト州

インフォメーション:講演会

開催日:2019年5月24日
時 間:18:30
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
主 催:バルバラ・カポキン財団、パドヴァ県建築家協会、
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社、イタリア文化会館
後 援:CNAPPC、イタリア大使館、ヴェネト州
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 建築▲トップ
 

コンサート「幸せになれるイタリアの名曲」

イベント終了日:2019年05月28日(火)

幸せになれるイタリアの名曲~イタリア発、病にうち勝つ歌の魂~
マルコ・ヴォレーリは、多発性硬化症と診断されてからもミラノ・スカラ座をはじめとする主要劇場でオペラ出演を果たしているテノール歌手です。
今回の来日公演では、イタリアのTVでも活躍中のソプラノ藤井泰子とともに、自著のタイトルでもある「幸せの症状」とは何かをテーマに、イタリアのオペラやカンツォーネ、映画音楽などの名曲を歌います。
なお、曲の間には、シッティングバレーボール選手ジュリア・アリンギエーリが、ヴォレーリの著作『幸せの症状~病にうち勝つ歌の魂』の一部を朗読します(日本語字幕付)。

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it

マルコ・ヴォレーリ
Marco Voleri

Marco_Voleri_350.jpg

ミラノのG.ヴェルディ国立音楽院修了後、ミラノ・スカラ座アカデミーに通う。その後、ミレッラ・フレー二に師事し、ベルカント・アカデミーで研鑽を積む。2011年、ラ・スペツィアのG.プッチーニ国立音楽院を卒業。今までオペラ作品で40以上の役を歌う。また、ヨーロッパ諸国、南米、南アフリカでコンサートを行い、そのプログラムは、宗教曲、オペラ、歌曲、現代作品など100を越える。2013年、自伝Sintomi di felicità(幸せの症状, Sperling & Kupfer)を出版。2014年、当時のナポリターノ大統領より、イタリア共和国功労勲章カヴァリエーレ章を授与される。2017年、初めての小説Senza di te il treno non parte(あなたがいなければ、電車は出発しない, Vanda)

藤井 泰子
Fujii Yasko

Fujii_Yasuko_350.jpg

広島県出身、イタリア在住のソプラノ。幼少よりピアノ、フルートを学び、高校時代に田原祥一郎の指導のもと声楽を始める。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。イタリア政府給費を得てボローニャ元王立音楽院で学んだのち指揮者ジョセフ・ジャルディーナのもとで研鑽を積む。
ペトゥルツェッリ劇場及びフォッジャ州オペラ研究所奨学金、サルッツォのマグダオリヴェーロ・オペラ国際コンクール優勝、「ナポリの声セルジョ・ブルーニ賞」「ニーノ・ロータ賞」など受賞。これまで「蝶々夫人」「カルメン」「道化師」「トゥーランドット」など国際的舞台で多くのオペラの主要役を演じてきた。
イタリアではロングラン高視聴率テレビ番組 Avanti un altro! にYASKOの名で7年続けてレギュラー出演中のほか、ドラマや映画などでも幅広く活躍している。

飯坂純
Jun Iisaka

Lisaka_Jun_350.jpg

インフォメーション

開催日:2019年5月28日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 
1 / 1