イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ヴィコ・マジストレッティ展

イベント終了日:2020年03月26日(木)

atollo1.png

建築、インダストリアルデザイン、家具や照明のデザインなど幅広い分野で活躍したヴィコ・マジストレッティ(1920-2006)の生誕100周年を記念し、60年にわたる活動の軌跡を30枚のパネルで紹介します。
また、あわせて、マジストレッティがデザインしたベッドやテーブル、椅子、照明などを10点展示します。


お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


ヴィコ・マジストレッティ
Vico Magistretti

magistretti1.jpg

ミラノの中流階級の家庭に生まれる。パリーニ文化系高等学校卒業後、1939年秋、ミラノ工科大学建築学科に入学。1943年から1944年にかけてイタリアを離れてスイスに居を移す。1945年にミラノに戻り、工科大学建築学科を卒業。すぐに、建築家だった父親の下で仕事を始める。1950年代には、次々と革新的な作品を提案し、いわゆる「第三世代」の旗手のひとりと目される。その後、建築家としての活動と並行して、デザイナーとしての活動も増えていき、デザインした家具やプロダクトデザインはコンテンポラリー・デザインの「古典」となっていく。マジストレッティの作品は、ニューヨーク近代美術館をはじめ、アメリカやヨーロッパ各地の美術館に収蔵されている。

<インフォメーション>
開催日:2020年3月11日~26日
時 間:11:00~18:00
主 催:イタリア文化会館、イタリア大使館、イタリア大使館貿易促進部
協 力:ヴィコ・マジストレッティ財団
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 建築▲トップ
 

マリア・クレメンティ ピアノリサイタル

イベント終了日:2020年03月12日(木)


新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、マリア・クレメンティ ピアノリサイタルは延期させていただきます。コンサートの新しい日程につきましては、決まり次第サイトに掲載いたします。


この度、イタリア文化会館では、イタリアのピアノメーカー、ファツィオリ社のグランドピアノF212を導入しました。そのお披露目演奏会として、数々のコンクールに入賞し、注目を集めているピアニスト、マリア・クレメンティのリサイタルを行います。


プログラム

ムツィオ・クレメンティ(1752-1832)
ピアノ・ソナタハ長調「協奏曲のように」 Op.33-3 (1794 )
Allegro con spirito
Adagio cantabile, con espressione
Presto

ルイジ・ダッラピッコラ(1904-1975)
アンナリベラの音楽帳 (1952 )
1. Simbolo
2. Accenti
3. Contrapunctus Primus
4. Linee
5. Contrapunctus Secundus
6. Fregi
7. Andantino Amoroso e Contrapunctus Tertius
8. Ritmi
9. Colore
10. Ombre
11. Quartina

****************

フランツ・シューベルト(1797-1828)
4つの即興曲 Op.142, D935 (1827)
No. 1 in fa minore: Allegro moderato
No. 2 in la bemolle maggiore: Allegretto
No. 3 in si bemolle maggiore: Tema (Andante)con Variazioni
No. 4 in fa minore: Allegro scherzando



お申し込み:こちらをクリックしてください。
お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


マリア・クレメンティ
Maria Clementi

Maria_Clementi_350.jpg

ミラノ生まれ。ピエロ・ラッタリーノに師事し、ミラノのG.ヴェルディ国立音楽院を最高点で修了。その後、イモラ国際ピアノアカデミーでL.ベルマン、A.ロングヴィヒ、B.ペトルシャンスキーのレッスンを受講し、研鑽を積む。
これまで、モーツァルテウム(ザルツブルク)、ゲヴァントハウス(ライプツィヒ)、G.ヴェルディ国立音楽院ホール(ミラノ)、テアトロ・グランデ(ブレシャ)、ドニゼッティ劇場(ベルガモ)やフィレンツェ五月祭、エルル・チロル音楽祭などで演奏する。また、ソリストとして、P.マーク、G.ノセダ、E.マッツォーラ、O.バランなどの指揮による、ミラノ・ポメリッジ・ムジカーリ管弦楽団、RAI国立交響楽団、パドヴァ・ヴェネト室内管弦楽団、エミリア・ロマーニャ交響楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団と共演する。
2015年、L.ダッラピッコラのヴァイオリンとピアノ曲およびピアノ曲全集をブリリアント・クラシックスよりリリースし、高い評価を得た。
2018年10月、ムツィオ・クレメンティのピアノ・ソナタ集をリリースする。
現在、ガッララーテのG.プッチーニ国立音楽院でピアノを教えている。
イタリアはじめヨーロッパ諸国で室内楽の演奏活動を精力的に行っている。また、これまで、演奏の模様がRAI、Radio Classica、SKYCLASSICA HDなどで生放送された。

<インフォメーション>
開催日:2020年3月12日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
続きを読む>>
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

「文化は歩みを止めない」(4月6日更新)

イベント終了日:2020年04月30日(木)

untitled.jpg


「文化は歩みを止めない」
家にいながら無料で楽しめる文化・芸術コンテンツ一覧


(4月6日更新)


 


#WeAreItaly


コロナウイルスの脅威下にあるこの時期、イタリア外務・国際協力省によって、イタリアのこの上なく創造的かつ活動的な文化を世界に発信するキャンペーン #WeAreItaly #StayTunedOnItが開設されました。


アンドレア・ボチェッリ、ウート・ウーギ、ティツィアーノ・フェッロ、ニコラ・ピオヴァーニ、パオロ・フレス、アダ・モンテッラニコ、ネック、アンドレア・グリミネッリ、リタ・マルコチュリ、ファブリツィオ・ボッソを始め、数多くのイタリア人アーティストがキャンペーンに参加し、海外にビデオメッセージを送り、イタリア文化との結びつきを堅持されるように呼びかけています。また、昨今の緊急事態に対応して、イタリアの文化機関が、イタリア国内や海外の方々向けに、特別のバーチャル文化プログラムなど数多くの企画を提供しています。


また、イタリア外務・国際協力省は、イタリアが今回のような緊急事態下でもレベルの高い文化や娯楽を制作し広報し続けることができることを示すために、毎日新しい映像や特別のプログラムを組んで、特設ページYouTubeを含むソーシャルメディア、在外大使館、領事館およびイタリア文化会館のサイトなどを通じて発信します。


さらに、美術館、博物館、考古学公園、図書・資料館、フェスティバルと演劇、映画とライブショー、テレビ、ラジオおよび出版業界(ルーチェ研究所、ミラノとボローニャのフィルムライブラリー、ブックフェア、ブレラ絵画館、イタリア国立21世紀美術館等が提供する「ウェブカルチャー」も、卓越した創造性や、ハイレベルなソーシャルプラットフォームを表しています。


STAY TUNED ON ITALY!


 


【アート】


・エステンセ美術館(モデナ) 4月6日更新
ダンテの『神曲』のユニークな登場人物たちをモチーフにしたマッチ箱の数々(19世紀から20世紀初頭)を紹介しています。(イタリア語)https://www.gallerie-estensi.beniculturali.it/mostre-virtuali/dante/


 


・ポルディ・ペッツォーリ美術館(ミラノ) 4月6日更新
YouTubeチャンネルにて、各所蔵品についての詳しい解説動画を公開しています。(イタリア語)https://www.youtube.com/user/museopoldipezzoli/videos


 


・イタリア文化財・文化活動省(MiBACT)YouTubeチャンネル 4月6日更新
MiBACTのYouTubeチャンネルでは、キャンペーン「文化は歩みを止めない(#Laculturanonsiferma)」に参加している主な施設や団体を紹介しています。(イタリア語)
https://www.youtube.com/user/MiBACT/featured


 


・MYmovies


MYmoviesが一日おきに様々な映画を無料で生配信しています。登録にはメールアドレスが必要です(登録無料)。
配信作品や配信スケジュールはこちら(サイトはイタリア語):


https://www.mymovies.it/iorestoacasa/schermodellarte/


 


・美術館のバーチャルツアー(サイトはイタリア語と英語):


ブレラ絵画館
https://pinacotecabrera.org/virtualtour/start.html


ウフィツィ美術館


https://www.uffizi.it/mostre-virtuali


 


・イタリア文化財・文化活動省キャンペーン #iorestoacasa


家にいながらでも芸術鑑賞ができるよう、多くの美術館が所蔵品を次々とオンラインにて公開しています。


トリノ王宮博物館


ポンペイ


コロッセオ


ウフィツィ美術館


ナポリ王宮博物館


エジプト博物館(トリノ)


国立古典絵画美術館


ローマ国立近代美術館


国立考古学博物館(カリアリ)


カンピ・フレグレイ考古学博物館


ベニス東洋美術館


カポディモンテ美術館


オメロ触覚美術館(アンコーナ)


国立ウンブリア美術館


国立サンマルティーノ美術館


アカデミア美術館(フィレンツェ)


アカデミア美術館(ヴェネツィア)


 


・ミラノ・トリエンナーレデザイン美術館
デカメロン:ストーリー・イン・ストリーミング
3月5日〜31日


トリエンナーレデザイン美術館が、1348年のペスト大流行を逃れた男女が退屈しのぎに物語を語り合うボッカッチョの『デカメロン』をヒントに、がらんと空いた美術館の空間に様々なアーティストを招き、それぞれに語ってもらいます。全ての物語はトリエンナーレのインスタグラムにて生配信されます。


日程と詳細はこちら(サイトはイタリア語と英語):
https://www.triennale.org/eventi/triennale-decameron/


インスタグラムアカウントはこちら(イタリア語):
https://www.instagram.com/triennalemilano/


 


・スクデリエ・デル・クイリナーレ美術館
現在展示されているラファエロ展についてのインタビュー(イタリア語のみ)


キュレーター


メラニア・マッツッコ(作家)


 


【文学】


・Dantedì(ダンテディ)にまつわるコンテンツ 4月6日更新
3月25日、第一回“Dantedì”(ダンテディ)記念日が世界各地で祝われました。
イタリア文化会館は、村松真理子氏(東京大学大学院教授)をお招きし、『地獄篇』第一歌の日本語訳を朗読していただきました。この模様は当館HPにてご覧いただけます。
https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/it/gli_eventi/calendario/2020/03/dantedi.html


ダンテ・アリギエーリ協会ミラノ支部が、Facebookページにて朗読動画と解説動画を公開しています。(イタリア語)
https://www.facebook.com/SocietaDanteAlighieriMilano/


イタリア教育大学研究省(MIUR)が、イタリア全国の学校で作成されたダンテにまつわる動画をYouTubeチャンネルで公開しています。(イタリア語)
https://www.youtube.com/watch?v=XjY6Z8_762Q&list=PLyrF_X3ZxmlXjJ0Vg6CcYA7it5kNvKRlp


 


・エミリア・ロマーニャ・テアトロ財団が、名作小説の朗読動画を公開しています。(イタリア語) 4月6日更新


朗読:イタロ・ズヴェーヴォ『ゼーノの意識』


朗読:R・L・スティーヴンソン『宝島』


朗読:エミリオ・サルガーリ『モンプラチェムの虎』


 


・オンライン雑誌『ドッピオ・ゼロ』
詩人・劇作家のマリアンジェラ・グアルティエリが、今イタリアが置かれている状況を題材に発表した詩を朗読しました。(イタリア語のみ)
https://www.doppiozero.com/materiali/nove-marzo-duemilaventi


 


・トリノ国際ブックフェア(SalTO)
イタリアを代表する作家や翻訳家が、トリノ国際ブックフェアのインスタグラムにて、今だからこそシェアしたい本の一節を紹介するショートビデオを公開しています。(イタリア語のみ)
https://www.instagram.com/salonelibro/


 


・Ad alta voce
RaiPlay Radioのサイトでは、イタリアと世界の名作・古典のオーディオブックを公開しています。(イタリア語のみ)https://www.raiplayradio.it/programmi/adaltavoce


 


【音楽】


・ナヴォーナ広場に響きわたるエンニオ・モリコーネ 4月6日更新
ギタリストのヤコポ・マストランジェロが、エンニオ・モリコーネ作曲の「デボラのテーマ」(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』より)をエレキギターで演奏しました。
https://www.facebook.com/100000791946201/posts/2844737875562583/


 


・Aterballetto 4月6日更新


ダンスのための公的機関Aterballettoは、所属のダンサーに対して、自宅でのダンスを撮影した動画を、#wedanceathomeのハッシュタグと共にFacebookページでシェアするよう呼びかけました。
https://www.facebook.com/aterballetto/


 


・パルコ・デッラ・ムジカ音楽堂(ローマ)
パルコ・デッラ・ムジカ音楽堂が、「#iorestoacasa」キャンペーンのプロモーションビデオを公開。今後、自宅で楽しめるコンテンツを配信していく予定です。(イタリア語と英語)
https://www.auditorium.com/video/io_resto_casa_ma_mi_arricchisco_di_cultura_iorestoacasa-22279.html


 


・マッシモ劇場(パレルモ)
3月10日から、オペラ・コンサートなどをwebTVにてノンストップで配信しています。(イタリア語のみ)
http://www.teatromassimo.it/


 


・キジャーナ音楽院
YouTubeチャンネルにて、毎週木曜と金曜に未公開のコンサート映像を生配信しています。
https://www.youtube.com/user/chigianachannel/


 


・ロッシーニ・オペラフェスティバル「音楽の夜会」
好評を得た近年の公演から選りすぐりのものを配信します。配信後も24時間は視聴可能です。
www.rossinioperafestival.it


 


・ヴェルディ・フェスティバル
パルマ王立歌劇場が開催しているヴェルディ・フェスティバルで上演された作品を配信します。配信後も24時間は視聴可能です。www.teatroregioparma.it/spettacolo/festival-verdi-home-streaming/


 


【RAI イタリア放送協会】


Rai Culturaにて、子どもや教員に向けた音楽、文学、美術、演劇などのプログラム、更には高校卒業試験を控える生徒向けの特別講座などの動画コンテンツを配信しています。(イタリア語のみ)


www.raicultura.it/speciali/scuola2020/


Rai Radio TREにて、学校に通えない小学校から高校生・大学生までを対象にした幅広い内容のポッドキャストを配信しています。


www.raiplayradio.it/programmi/fahrenheit/archivio/puntate/

Share (facebook)
カテゴリー:その他▲トップ
 

Dantedì(ダンテディ)

イベント終了日:2020年04月30日(木)

fb_tw_card.jpg

3月25日は、研究者たちによって『神曲』の彼岸世界への旅が始まった日とみなされています。そこでダンテ・アリギエーリに捧げる日として、この度イタリア政府は3月25日を“Dantedì”(ダンテディ)記念日としました。
イタリア文化、文学の象徴である詩聖に思いを馳せ、永遠に変わることのない魅力を持つ詩行を分かち合うことは、この困難な状況において、より一層国民の気持ちを結びつきを強くする一つの好機となるでしょう。
イタリア時間正午12時(日本時間同日20時)から、『神曲』の詩行の朗読を行います。イタリア教育・大学・研究省は教職員や学生たちに現在行っているオンライン授業の中で、この朗読を行うよう促していますが、これは国民一人一人にも向けられています。
ダンテを称えるこの企画は、遠く離れた場所にいても、SNSやストリーミング配信を通して朗読やパフォーマンスをお楽しみいただけます。公式ハッシュタグ #Dantedìや #IoleggoDanteからもフォローすることができます。
イタリア文化会館は村松真理子氏(東京大学大学院教授)をお招きし、『地獄篇』第一歌の日本語訳を朗読していただきました。この模様はこのページならびに当館SNSにて配信されます。
Share (facebook)
カテゴリー:文学▲トップ
 

[延期]トリオジャズコンサート「フェリーニへのオマージュ ニーノ・ロータの音楽」

イベント終了日:2020年03月25日(水)


新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、トリオジャズコンサート「フェリーニへのオマージュ ニーノ・ロータの音楽」は延期させていただきます。コンサートの新しい日程につきましては、決まり次第サイトに掲載いたします。

ジャンルカ・ペトレッラ トロンボーン, サウンドエフェクト
ミルコ・シニョリーレ ピアノ
パスクァーレ・ミッラ ヴィブラフォン, サウンドエフェクト

ニーノ・ロータ(1911-1979)は、作曲家、ピアニスト、指揮者など多方面でその才能を発揮しましたが、何より、ルキノ・ヴィスコンティ、フランシス・フォード・コッポラ、フェデリコ・フェリーニをはじめ多くの映画監督の作品で音楽を書いたことで知られています。手がけた映画音楽は150本を越え、1975年にはコッポラ監督作品「ゴッドファーザーPARTII」でアカデミー賞作曲賞を受賞しています。
ジャンルカ・ペトレッラは、フェリーニの映画音楽などロータの有名な作品だけでなく、あまり知られていない楽曲も時間をかけて詳しく調べ、今回のコンサートのために、甘美で陽気な作品からドラマチックなものまで多様な趣の曲からなるプログラムを構成しました。ロータ作品の本質を失うことなく、果敢に自らの独創性を盛り込んだトリオの演奏をお楽しみください。

お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it


ジャンルカ・ペトレッラ トロンボーン, サウンドエフェクト
Gianluca Petrella trombone, effetti

GIANLUCA PETRELLA 350.jpg

1975年生まれ。演奏活動は20年を越え、エンリコ・ラヴァ、ジョヴァンニ・グイディ、カーラ・ブレイ、スティーヴ・コールマン、グレッグ・オズビー、そしてマーシャル・アレン率いるサン・ラ・アーケストラなどイタリア国内外のジャズ演奏家と共演してきた。その他、コンテンポラリーダンス、電子音楽、ポップスでもさまざまなアーティストとセッションしている。リリースしたCD多数。最近のものに、Cosmic Renaissance (Spacebone Records, 2016)、Ida Lupino (ジョヴァンニ・グイディと共演, ECM, 2016)がある。

ミルコ・シニョリーレ ピアノ
Mirko Signorile pianoforte

MIRKO SIGNORILE foto Antonio Fascicolo piccola.jpg

1974年生まれ。バーリ国立音楽院でピアノとジャズを学び卒業。各地で演奏活動を行うとともに多くのCDをリリースしてきた。最近のものに、Trio Trip (AUAND, 2018)がある。ポップスでの共演も多い。


パスクァーレ・ミッラ ヴィブラフォン, サウンドエフェクト
Pasquale Mirra vibrafono, effetti

PASQUALE MIRRA Riccardo Crimi piccola.jpg

現代イタリアを代表するヴィブラフォン奏者と目される。2013年から2018年まで、雑誌Jazzit から「最高のイタリア人ヴィブラフォン奏者」に、また2014、2015年には、雑誌Musica Jazz からミュージシャン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。さまざまなミュージシャンと共演しており、2008年からアメリカのドラマー、パーカッショニストのハミッド・ドレイクとコラボを続けている。Moderatamente Solo (Fonterosso Records, 2017)などリリースしたCDは40作を越える。

<インフォメーション>

開催日:2020年3月25日
時 間:18:30
主 催:イタリア文化会館
協 力:New Age Productions/SUONI ITALIANI
入 場:無料
会 場:イタリア文化会館 アニェッリホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

「チャオ、イタリア。元気かい?」 - 新型コロナウイルス拡大の日々を生きる

イベント終了日:2020年04月30日(木)


イタリアのコメディアン・グループ「ザ・ジャッカル」が、様変わりした日常の様子を伝えるメッセージをイタリア全国から集め、一つの動画にまとめました。
日本語字幕付き(「設定」>「字幕」>「日本語」)
「やあ、イタリア。元気にしてる? 全部終わったら、何がしたい?」

Share (facebook)
カテゴリー:その他▲トップ
 
1 / 1