イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ウフィツィ美術館の歴史と傑作品への誘い―トスカナ大公国コレクションから世界の美術館へ―

イベント終了日:2015年05月29日(金)
ウフィツィ美術館の歴史と傑作品への誘い―
トスカナ大公国コレクションから世界の美術館へ―

講師:小佐野重利(東京大学大学院人文社会系研究科教授)


venere.jpg
1561年に、のちに初代トスカナ大公となるコジモ1世・デ・メデイチはフィレンツェ各所にあった事務所を一箇所に集めた中央集権的な行政庁舎とするため、ジョルジョ・ヴァザーリにウフィツィ宮殿の建設を開始させました。その後1581年にコジモ1世の息子、大公フランチェスコ1世が宮殿最上階(3階)に自身が収集した古代遺物や美術・工芸品などを陳列する回廊を整備させ、ここに西欧最古の美術館が誕生したのです。
このように、トスカナ大公国の美術コレクションの一部陳列から始まったウフィツィ美術館は、18世紀末にヨーロッパでもっとも有名な王立美術館となり、今では世界屈指の美術館にまで発展しました。
講演では、その歴史に沿いながらトスカナ大公メディチ家に由来する名品や18、19世紀以降、現在までに寄贈もしくは購入された絵画、特に「ヴァザーリの回廊」に展示される自画像のいくつかを紹介します。

インフォメーション
日程: 2015年5月29日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館
主催: イタリア文化会館
入場無料、要予約。(日本語のみ)

お申し込み:件名を「5月29日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館eventi.iictokyo@esteri.it Tel.03-3264-6011(内線13, 29)


小佐野 重利 Osano Shigetoshi プロフィール
1951年山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。現在、東京大学大学院人文社会系研究科(美術史学)教授。2013年より同研究科長・文学部長(2年間)を経て、同大学生相談ネットワーク本部長を兼務。 95/96年度ポール・ゲッティ美術史人文学研究所招聘研究者。2003年イタリア政府よりイタリア連帯の星騎士・騎士勲位章、2009年同星騎士・コメンダトーレ勲位章を受章、2010年ミラノのアンブロジャーナ・アカデミー会員に選出。2011年より国際美術史学会(CIHA)副会長、2014年より日本学術会議第一部会員。
『記憶の中の古代―ルネサンス美術にみられる古代の受容―』(第16回マルコ・ポーロ賞受賞 中央公論美術出版1992年)、『知性の眼―イタリア美術史七講―』(中央公論美術出版 2007年)、Between East and West: Reproductions in Art. Proceedings of the CIHA Colloquium in Naruto, Japan, 15th -18th January 2013. Edited by S. Osano, IRSA, Poland, 2014(編・共著)ほか著書多数。訳書に、サルヴァトーレ・セッティス『絵画の発明 ― ジョルジョーネ「嵐」解読 ―』(監訳 晶文社2002年)、チェーザレ・ブランディ『修復の理論』(監訳、三元社2005年)など。展覧会の図録執筆多数。


Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

日伊コンテンポラリージュエリー交流展「DIALOGHI-対話」

イベント終了日:2015年07月11日(土)
JJDA創立50周年記念事業

201506180853gioielli_mini.jpg(公社)日本ジュエリーデザイナー協会(JJDA)とイタリアのコンテンポラリージュエリー協会(AGC)のデザイナー、各40名ずつ、計80名がペアを組み、それぞれが自国の文化や芸術に関する写真を交換し、各人がその中からテーマとする写真を決め、その写真を元に制作した作品を一堂に展示します。

なお、7月3日(金) 16時から18時までオープニングパーティーを行います。


*同展は2015年9月19日から山梨ジュエリーミュージアム、10月にローマ国立東洋美術館を巡回します。

お問い合せ:
(公社)日本ジュエリーデザイナー協会 sec2@jjda.or.jp Tel.03-3523-7344
イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel.03-3264-6011(内線29, 13)


インフォメーション

日程: 2015年7月3日 - 2015年7月11日
時間: 11時~18時 最終日16時まで
場所: イタリア文化会館エキジビションホール
主催: (公社)日本ジュエリーデザイナー協会、イタリアコンテンポラリージュエリー協会
協力: 共催:イタリア文化会館

入場有料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

チェッコ・ボナノッテ「回想の劇場」展

イベント終了日:2015年10月31日(土)
bonanotte_sito.jpgヴァチカン美術館正面入り口ブロンズ扉の制作をはじめ、偉大な足跡を残してきた世界的巨匠チェッコ・ボナノッテ。日本とも縁が深く、奈良・薬師寺等日本各地での個展開催など定期的に来日するようになり40年以上が経ちます。東京にもアトリエを持ち、制作の合間には京都等各地を訪れ、日本文化への理解と造詣を深めてきました。

本展ではこれまで積み上げてきた日本文化へのオマージュを≪俳句≫≪能≫≪怪談≫という3部作で表現しました。彩色された板に日本人形の頭部を組み合わせるなど、過去のブロンズ彫刻からは一見異彩を放ちつつも、その背後にはボナノッテの一貫した美学、哲学が感じられます。それは、それぞれへの解釈-引き算によって無限の感情を生み出す俳句、生と死を象徴的に表現する能、現実と夢を往復する怪談-が、作家本来の表現と通底しており、響きあった結果なのです。

作家の日本文化への眼差しが単なる好奇心やオリエンタリズムをはるかに越え、制作哲学に大きな影響を与えていることを作品は物語ります。展覧会は最大9メートル幅の連作ミクストメディアを中心に構成します。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

チェッコ・ボナノッテ Cecco Bonanotte
1942年イタリア生まれ。1959年ローマ国立美術学校彫刻家に学ぶ。1965年ローマにアトリエを構える。1971年ローマにて初個展。2000年ヴァチカン美術館正面入り口の扉≪ポルタ・ヌォーヴァ-新しい扉-≫設置。2006年パリ・リュクサンブール美術館のブロンズの大扉が完成、設置。2012年第24回高松宮殿下記念世界文化賞彫刻部門受賞。欧米、日本で個展多数。


インフォメーション

日程: 2015年10月7日 - 2015年10月31日
時間: 11時~18時 (日曜日休館)
場所: イタリア文化会館エキジビションホール
主催: イタリア文化会館
協力: 後援:駐日イタリア大使館 企画協力:ヒロ画廊 特別協賛:久光製薬株式会社 協賛:株式会社アプロンワールド

入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

「ボッティチェリ展」開催記念シンポジウム

イベント終了日:2016年01月16日(土)
botticelli_sito.jpgボッティチェリ展(2016年1月16日~4月3日、東京都美術館)開催を記念し、日伊の専門家によるシンポジウムを催します。
(日伊同時通訳付)


お申し込み:件名を「1月16日シンポジウム」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館
eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

スピーカー:

小佐野重利 東京大学大学院教授
アレッサンドロ・チェッキ 美術史家(パラティーナ美術館前館長)
クリスティーナ・アチディー二 美術史家(フィレンツェ歴史・美術・文化人類学遺産および美術館群監督局前長官)
ジョナサン・ネルソン シラキュース大学フィレンツェ校、ハーバード大学ルネサンス研究センター ヴィッラ・イ・タッティ学術事業担当副所長



第一部 4名のスピーカーによる発表
クリスティーナ・アチディー二 
「ボッティチェリとメディチ家」
“Botticelli e i Medici dei due rami”.

小佐野重利
「日本におけるフィレンツェ派の受容小史―とくにボッティチェリに言及して―」“Una storia della ricezione della ‘scuola fiorentina’ in Giappone, con particolare riferimento a Botticelli”

アレッサンドロ・チェッキ
「ボッティチェリの家庭内での暮らしについて」
“Sandro Botticelli, una vita in famiglia”

ジョナサン・ネルソン 
「言葉とイメージ:ダンテおよびペトラルカの挿絵画家としてのボッティチェリ」“Parola e immagine: Botticelli, illustratore di Dante e Petrarca”

休憩

第二部 パネルディスカッション
上記4名によるパネルディスカッションです。休憩時間にお客様から質問を集め、スピーカーがそれにお答えします。

インフォメーション

日程: 2016年1月16日
時間: 14時30分~17時(開場14時)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館、朝日新聞社

入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016

イベント終了日:2016年03月13日(日)
Fウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016
~ウフィツィ美術館の名画でたどるルネサンスの胎動から終焉まで~


2011年に続き、日立製作所等の技術によりデジタル化されたウフィツィ美術館所蔵の名画を実物大レプリカおよび画像で展示します。展示する絵画は前回展10作品を含む23作品で、実物大レプリカでご覧いただくこれらの絵画は門外不出の冠にふさわしい名画揃いです。高精細画像での名画ナビゲーションを設置する他、大画面のデジタルシアターでは、23作品すべての解説映像を上映します。

お問い合せ:イタリア文化会館 
eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

実物大のレプリカ
パオロ・ウッチェッロ サン・ロマーノの戦い(1435-38)
ボッティチェッリ 春(1482)
レオナルド・ダ・ヴィンチ 東方三博士の礼拝(1481)
ヤコポ・ダ・ポントルモ エマオの晩餐(1525)
フィリッポ・リッピ 聖母子と天使(1465)
アンドレア・マンテーニャ ウフィツィの三連祭壇画(1462-70)
レオナルド・ダ・ヴィンチ 受胎告知(1474-1480)
ティツィアーノ フローラ(1515-17)
パルミジャーノ 長い首の聖母(1534-39)
カラヴァッジョ メドゥーサ(1598-99)
ほか計23点
展覧会のチラシはこちら

講演会「高精細画面で見るウフィツィ美術館の名画」
講師:岡田温司(京都大学大学院教授、本展監修者)
日時:2016年2月14日(日)14時(開場13時30分)
会場:イタリア文化会館アニェッリホール
お申し込み:件名を「2月14日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

インフォメーション
日程: 2016年2月13日 - 2016年3月13日
時間: 11時~18時 会期中無休
会場: イタリア文化会館エキジビションホール
主催: イタリア大使館、イタリア文化会館、フィレンツェ大学
協力:
後援:朝日新聞社 
技術協力:日立製作所、西華デジタルイメージ、チェントリカ 
協力:情報通信研究機構
入場無料
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

講演会「高精細画面で見るウフィツィ美術館の名画」

イベント終了日:2016年02月14日(日)
春講演会「高精細画面で見るウフィツィ美術館の名画」
講師:岡田温司(京都大学大学院教授)


「ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016」展(2月13日~3月13日、イタリア文化会館)開催を記念し、本展監修者の岡田温司氏(京都大学大学院教授)による講演会を開催します。(日本語のみ)
展覧会の情報はこちらをクリックしてください。

お申し込み:件名を「2月14日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

インフォメーション
日程: 2016年2月14日
時間: 14時(13時30分開場)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館
入場無料、要申込。お申し込みは上記メールアドレスまで。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

「カラヴァッジョ展」開催記念特別講演会

イベント終了日:2016年04月02日(土)
a「カラヴァッジョ展」開催記念特別講演会

本イベントは満席になりました。

カラヴァッジョ展(3月1日~6月12日、国立西洋美術館)開催を記念し、カラヴァッジョ研究者として著名な宮下規久朗氏(美術史家・神戸大学大学院人文学研究科教授)をお迎えし、特別講演会を開催します。
公式サイトは: http://caravaggio.jp/event.html


■お申し込み:往復はがきの「往信用裏面」に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記までお申込ください。
※1枚のはがきで最大2名の申込可。2名の場合はそれぞれの氏名を必ず明記してください。
■申込先
〒150-8551 東京都渋谷区渋谷1-3-9 東海堂渋谷ビル3階
ユース・プラニングセンター内「カラヴァッジョ特別講演会」係まで
■申込締切
3月4日(金)必着 *お申し込み多数の場合は抽選となります。

入場無料。ただしカラヴァッジョ展の入場券または半券の持参が必要です。
※講演会会場でも入場券を販売します。

講演会内容
「カラヴァッジョ展紹介」 川瀬佑介(カラヴァッジョ展監修者、国立西洋美術館研究員)
「特別講演 カラヴァッジョ芸術の革新性」 宮下規久朗(神戸大学大学院人文学研究科教授)

インフォメーション
日程: 2016年4月2日
時間: 13時30分(13時開場)
会場: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館、国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
入場無料、要申込。お申し込みは上記をご覧ください。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

トゥッリオ・ペリーコリ展 ランゲ-風景のかけら-

イベント終了日:2016年06月04日(土)8395.jpg
トゥッリオ・ペリーコリ展 ランゲ-風景のかけら-

トゥッリオ・ペリーコリは、文学作品の挿絵や文化人の肖像画などでイタリア内外で広く知られた画家、イラストレーターです。一方で、20年ほど前からは風景画にも本格的に取り組むようになり、今や肖像画と並んで、ペリーコリの制作活動の中心となっています。
本展では、ピエモンテ州南部に位置し、2014年にイタリア50番目の世界遺産となったランゲ地域を描いた油彩画21点を展示します。バローロやバルバレスコといったイタリアを代表するワインを生み出す葡萄畑など、その美しい自然景観を独自の色彩とタッチで描いたペリーコリの作品をぜひご堪能ください。

・お問い合せ:
イタリア文化会館
eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

・関連講演会:
1.「ワインとイタリアのワイン文化」(仮題)
アンジェロ・ガヤ(ガヤ・ワイナリー オーナー)
5月14日(土)15時(開場14時30分)
*協力:エノテカ株式会社

2.「自然とイマジネーション イタリア絵画のなかの風景」
クラウディオ・チェッリテッリ(ミラノ・ブレラ美術学院教授)
5月17日(火)18時30分(開場18時)
*両講演会とも入場無料、日伊逐次通訳付
*会場はイタリア文化会館アニェッリホール

・お申し込み方法:
件名を「5月○日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

トゥッリオ・ペリーコリ
1936年マルケ州アスコリ・ピチェーノ県コッリ・デル・トロント生まれ。1961年ミラノに移った後、画家、イラストレーターとして知られるようになる。カルヴィーノ、プリーモ・レーヴィ、ガッダ、ソルダーティの作品の挿絵や、著名な文化人の肖像画がイタリア国内のほか、ザ・ニューヨーカー、フランクフルター・アルゲマイネ、ザ・ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス、ガーディアン、エル・パイスなど国外の主要な新聞や雑誌にも掲載される。1984年から日刊紙ラ・レプッブリカに作品を描いている。肖像画は作品集として出版され、イタリア内外で展覧会も開催されている。
一方、肖像画だけでなく風景画もてがけるようになる。オリベッティ社から出版された「ロビンソン・クルーソー」の挿絵がひとつの転機となり、その原画は、ミラノのPAC(現代アート・パビリオン)で展示された。1995年にチューリッヒ歌劇場で、その後1998年にミラノ・スカラ座で公演されたドニゼッティ作曲のオペラ「愛の妙薬」では舞台美術と衣装を担当し、故郷の風景からインスピレーションを得て制作した。20年ほど前からは風景を描くことがますます増え、2002年ピサのパラッツォ・ランフランキでの展覧会Nature(自然)や2009年アスコリ・ピチェーノの現代アートギャラリー「オズヴァルド・リチーニ」でのSedendo e mirando(座して眺めつつ)展のほか、主要ギャラリーで展覧会が開催される。
2010年ローマのアラ・パチス美術館で開催された展覧会Lineamenti(輪郭)では、ペリーコリの制作活動の核をなす風景画と肖像画の作品が展示された。
ペリーコリの作品集は多数出版されている。主なものに、I ritratti(「ポートレート」, 2002)、Otto scrittori(「8人の作家」, 2003)、La casa ideale di R.L.Stevenson(「R.L.スティーヴンソンの理想の家」, 2004)、Robinson Crusoe di Daniel Defoe(「ダニエル・デフォーのロビンソン・クルーソー」, 2007)、Attraverso l’albero(「木を通して」, 2012)、I paesaggi(「風景」, 2013)、Pensieri della mano(「手の思考」, 2014)、Piccolo teatro(「小劇場」, 2016)があり、これらはすべてアデルフィ社から出版されている。


インフォメーション
・日程: 2016年5月14日 - 2016年6月4日
・時間: 11時~18時 
・会場: イタリア文化会館エキジビションホール
・主催: イタリア文化会館
・協力: FIAT(FCAジャパン株式会社)
※入場無料。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

講演会「自然とイマジネーション イタリア絵画のなかの風景」

イベント終了日:2016年05月17日(火)
3講演会「自然とイマジネーション イタリア絵画のなかの風景」

美術史家のクラウディオ・チェッリテッリ氏が14世紀から20世紀までのイタリア絵画作 品を例にとり、芸術家が自然との関係を描くために用いてきたさまざまな表現上の基準を分析します。風景という主題は、現実の形態から空想の形態、自然の光 の再現から視覚でははっきりと捉えられないもの、自然主義的なありかたから内的ヴィジョンの共鳴へと移行し、風景画というひとつのジャンルを確立しまし た。この主題がこれまでにどのような変化を遂げてきたか、各作品の解説を行いながら考察します。
日伊逐次通訳付

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel.03-3264-6011(内線29)
お申し込み方法:件名を「5月17日 講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

クラウディオ・チェッリテッリ/Claudio Cerritelli
1953年生まれ。ボローニャ大学で近代美術史を学び、現代美術史の修士号を取得。風景画の様式からアヴァンギャルドの概念、抽象絵画やアンフォル メル芸術から環境彫刻、視覚・言語の研究からコンセプチュアルアートや新しいテクノロジーアートなど、20世紀芸術の解釈における諸問題を専門テーマとす る。1994年より美術批評・理論のための雑誌『Nuova Meta - parole & immagini(新しいねらい 言葉とイメージ)』の編集長(現在はオンライン雑誌)。1986年よりミラノ・ブレラ美術学院で現代美術史の教鞭をと る。

インフォメーション
日程: 2016 年 5月 17 日
時間: 18時30分(18開場)
主催 : イタリア文化会館
入場 : 入場無料、要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 

第3回日本におけるイタリア刺繍作品展

イベント終了日:2016年10月02日(日)
第3回日本におけるイタリア刺繍作品展    ricamo
プント・アンティーコは、イタリアの伝統文化のひとつである刺繍の中でも、もっとも古い歴史を持っています。
今回の作品展では、プントアンティーコ協会のイタリア人講師たちによるプント・アンティーコ、アエミリア・アルス、パニカルレースの作品などを展示します。美しく精緻な作品のなかにある静かな情熱の極みをご覧いただけることでしょう。
同時開催:イタリア刺繍ワンデーレッスン会

問合せ先 日本イタリア刺繍普及協会 インカンタ いがらし郁子  FAX 03-3358-7523

インフォメーション
開催日: 2016 年 9月 28 日(水)~10月 02 日(日)
時間: 11:00 18:00
主催 : 日本イタリア刺繍普及協会 インカンタ
協力 : イタリア文化会館
入場 : 無料
会場 : イタリア文化会館 エキジビションホール
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 美術▲トップ
 
<< 2 / 3 >>