イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

「マラトーナ・インフェルナーレ、神曲地獄篇」ダンテとともに旅しよう

イベント終了日:2013年11月08日(金)
Maratona.jpg「ダンテと共に旅しよう」シリーズは、イタリア経財省が設立したイタリアの文化と芸術を内外に発信するアルクス社(イタリア文化省芸術監修)とダンテ・アリギエーリ協会のビデオプロジェクトです。
イタリアが誇るルネッサンスの詩人ダンテ・アリギエーリが手がけた『新曲』の中で「地獄篇」が選ばれ、7時間の作品が完成しました。本作では芸術性に優れたイタリアの映像が流れ、幻想的な作品に仕上がっています。
音楽、ナレーション、映像が絶妙にまじりあい、短い時間でも、観賞いただければ素晴らしい映像体験ができます。下記のリンクから一部をご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=W3ufzM1pMwo
参加無料、入場自由。


インフォメーション
日程: 2013年11月8日
時間: 11時~18時
場所: イタリア文化会館 ホワイエ  - B2F
主催: ダンテ・アリギエーリ協会 東京支部
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 映画▲トップ
 

FIAT - その歴史、その伝説

イベント終了日:2013年11月17日(日)
070321_F_500_01_1024.jpg1世紀以上愛されてきたイタリアのメインキャラクターについての回顧展です。

1899年7月11日、FIATの11人の創業者は、イタリアトリノで新しい冒険の旅へ出発することを決心しました。その時彼らは、この旅がイタリアの歴史にこれほどまで大きな足跡を残すとはまったく想像していませんでした。500ほどそのヒストリーを雄弁に語れるクルマは他にありません。そして1950年以来、トポリーノ、ジャルディニェーラ、500Cは、イタリアの家族になくてはならない存在となったのです。

ピュアで美しい、決して終わりのない愛に溢れたストーリー。私たちがエキシビションで伝えたいのは、そんな物語です。

インフォメーション
日程: 2013年11月8日、9日、11日~17日
時間: 11時~18時
場所: イタリア文化会館 エキシビジョンホール  - 1F
主催: フィアット クライスラー ジャパン
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

イタリア語学習者の日

イベント終了日:2013年11月09日(土)

giornata.jpg毎年開催されるイタリア語好きな人たちのための交流会です。
大学でイタリア語を学ぶ学生、イタリア語とイタリア文化を愛する人たちが歌や短い舞台パフォーマンスを披露します。
毎年約150人の参加者がイタリア語でカラオケを歌ったり、演劇を演じたり、オペラの歌を歌ったりしてイタリア語を楽しく使います。
発表会終了後、懇親会がありますのでイベント参加者全員でイタリア料理のビュッフェを楽しめながらイタリア語が好きな人との交流ができます。
参加は無料です。
パフォーマンスにご参加希望の方は10月21日までにご予約下さい。

インフォメーション

日程: 2013年11月9日
時間: 15時~18時
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール  - B2F
主催: イタリア文化会館
協力: 各大学
予約: ご観覧の場合ご予約は不要です。
パフォーマンスにご参加希望の場合10月21日までにcorsi.iictokyo@esteri.itまでご連絡下さい。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

イタリア留学ガイド出版プレゼンテーション

イベント終了日:2013年11月09日(土)
copertina.jpg年々高まっているイタリア留学への関心やニーズに応えるために、イタリア文化会館は去年に引き続き、日本における総合的なイタリア留学案内として「イタリア留学ガイド」を発行しました。
イタリア留学の種類、留学の手続き、教育機関の紹介、イタリアでの生活情報など案内します。

プレゼンテーションはイタリア語学習者の日の一環として行われます。参加自由。入場無料。


インフォメーション
日程: 2019年11月9日
時間: 15時~15時30分
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール - B2F
主催: イタリア文化会館
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 

イタリア語研究者の集い

イベント終了日:2013年11月10日(日)
P1050605.JPGイタリア語研修者の方にお集まりいただき、「世界イタリア語週間」のテーマにそって語り合って頂きます。
「世界イタリア語週間」の今年のテーマは「イタリア 研究、発展そして革新」です。
ご興味のあるイタリア語研究者の方、ぜひご参加ください。


PROGRAMMA

• 10.30 Saluto del Direttore, Prof. Giorgio AMITRANO, e introduzione dei lavori

Moderatore Prof.ssa M. Katia GESUATO
• 10.40 Prof.ssa Mariko MURAMATSU, Un. di Tokyo, D’Annunzio rinnovatore del costume e della lingua
• 11.00 Prof. Valerio ALBERIZZI, Un. Waseda, Didattica multimediale e interattiva: insegnare l’italiano con iTunesU e iBooks Author
• 11.20 Prof. Mitsuru KOBAYASHI, Un. Kyoto Sangyo, L’infinito di Galileo
• 11.40 Prof.ssa Francesca USICCO, Un. Waseda, Conoscere un autore italiano attraverso materiali didattici multimediali. Dino Buzzati “Ragazza che precipita”
• 12.00 Prof. Hideyuki DOI, Shizuoka Un. of Art and Culture, Harukichi Shimoi e l’avanguardia napoletana
• 12.20 Prof. Giulio Antonio BERTELLI, Un. di Osaka, La comunità italiana in Giappone negli anni a cavallo della Restaurazione Meji (1860-1880)
• 12.40 – 13.00 Dibattito
• Ore 13 – 14.20 Buffet

Moderatore Dott. Edoardo CRISAFULLI
• Ore 14.30 Dott.ssa Akiko HARADA, Un. Keio, La città di Roma nello Stato della Chiesa in epoca moderna. Nuove prospettive di ricerca
• Ore 14.50 Prof. Masao KOTANI, Un. Ochanomizu, Perchè un teatro in galera?...della Compagnia della Fortezza (Volterra)
• Ore 15.10 Prof.ssa Yoshimi TAKEDA, Un. Seibi, Approcci e metodi per l’insegnamento dell’italiano al Seibi Gakuen College e la lingua italiana come strumento per la realizzazione di un sogno
• Ore 15.30 Prof. Taisuke KURODA, Un. Kanto Gakuin, Lucca 1838. Trasformazione e riuso dei ruderi degli anfiteatri romani in Italia
• Ore 15.50 Proff. Giorgio COLOMBO – Andrea ORTOLANI, Un. Nagoya e Un. Hitotsubashi, La cultura giuridica italiana in Giappone
• Ore 16.10 Prof.ssa Chiara ZAMBORLIN, Un. delle Arti Nagoya, (Sor)ridere in Italia e in Giappone: aspetti cognitivi, linguistici e sociali nella ricezione dell’umorismo a livello interculturale
• Ore 16.30 Prof.ssa Hiroko KUDO, Un. Chuo, Insularità e innovazione: perchè le regioni a statuto speciale investono di più in ricerca scientifica e politica culturale
• Ore 17.00 – 17.30 Dibattito
• Ore 17.45 Conclusione


予約: 必要。 「イタリア語研究者の集い」を件名として、参加者名、参加希望人数、電話番号をご明記のうえ、corsi.iictokyo@esteri.itまでメールをご送信下さい。

インフォメーション

日程:  2013年11月10日
時間:  10時30分~18時
場所: イタリア文化会館 エキシビジョンホール  - 1F
主催: イタリア文化会館

Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 言語学▲トップ
 

Storie Italiane 「イタリア絵本の原画展」

イベント終了日:2013年11月17日(日)
mini_illustrazione.jpg「イタリア絵本の原画展」は板橋区立美術館で開催されたボローニャ国際絵本展で
イタリアの絵本作家フィリップ・ジョルダーノ氏とガブリエレ・レバリアーティ氏
と日本の絵本作家、イラストレーターとの出会いと交流の中で生まれたイタリアの
「昔話と新しいお話しの絵本」の展覧会です。色々な世界をお楽しみ下さい。
展示スペースへは入場無料です。

インフォメーション
日程: 2013年11月11日~17日
時間: 11時~18時
場所: イタリア文化会館 エキシビジョンホール  - 1F
主催: STUDIO 14
特別協力: イタリア文化会館
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 文学▲トップ
 

第1回「フォスコ・マライーニ賞」授賞式

イベント終了日:2013年11月15日(金)
022.jpg「フォスコ・マライーニ賞」は、イタリアに関する優れた日本語の著作にイタリア文化会館が授与する賞です。1978年から2007年まで続いた「マルコ・ポーロ賞」を継承するもので、第1回目の今年は、2011年1月から2013年6月に出版された約200点から受賞作が選出されることになっています。

インフォメーション
日程: 2013年11月15日
時間: 18時30分 (開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール  - B2F
主催: イタリア文化会館

予約:「フォスコ・マライーニ賞 授賞式」を件名として、参加者名、参加希望人数、電話番号をご明記のうえ、corsi.iictokyo@esteri.itまでメールをご送信下さい。
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 各種文化イベント▲トップ
 
<< 2 / 2