イタリア関連のイベント情報をお伝えします。

Loading...

イタリアに関するイベント

イタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。

また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。

より多くの日本の方々にイタリア文化の多彩な面に触れていただくため、イタリア文化会館では殆どのイベントを入場無料で開催しています。

ITALIAN SURF ACADEMYが演奏するマカロニ・ウエスタン

イベント終了日:2014年09月23日(火)
west.jpgNYを中心に活動しているアヴァンギャルド・ギタリスト、マルコ・カッペッリが2度目の来日をし、エンニオ・モリコーネ他のマカロニ・ウエスタンに使われた曲を演奏するライブを行います。

チケット販売、お問い合せ:トムス・キャビン Tel. 03-5292-5551 http://toms-cabin.com

マルコ・カッペッリ Marco Cappelli
1965年ナポリ生まれ。現在はニューヨーク在住。思春期にロックやブルース、ナポリの大衆音楽を演奏するグループなどで活動した後、ローマとバーゼルの音楽院でクラシックギターと室内楽を学ぶ。通常の6本の弦に8本の弦を追加した“extreme guitar”と呼ばれるオリジナルの改造ギターを頻繁に用いながら、厳格に記譜された現代クラシックの作品演奏からフリー・インプロヴィゼーションにいたるまで、さまざまな分野で活躍するギタリストである。カッペッリはアメリカ西部劇に憧れ、同じ頃に流行ったアメリカのサーフミュージックも好きだったので、自分のバンドをItalian Surf Academyと名付け、自身のアルバムでもサーフミュージックをよく使っている。
アンソニー・コールマン、加藤英樹、ミッシェル・ゴダール、ブッチ・モリス、ジム・プリェージ、エンリコ・ラヴァ、エリオット・シャープ、ハン・ベニンク、大友良英など、世界各地で多くのミュージシャンと共演している。最近は、マーク、リボーのバンド“Caged Funk”にも参加している。


インフォメーション

日程: 2014年9月23日
時間: 19時(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: トムス・キャビン、イタリア文化会館

全席自由席:4,000円(税込) 当日販売:4,500円(税込)
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

クリスチャン・レオッタ ピアノリサイタル

イベント終了日:2014年10月28日(火)
201410100424leotta.jpg気鋭のピアニストが詩情豊かな世界を奏でます。

プログラム

J.S.バッハ カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちによせて」 BWV992

F.シューベルト ピアノソナタ第14番 イ短調 Op.143, D 784

G.ロッシーニ 「メメント・ホモ(人間のしるし)」、「わが妻への愛情」

L.v. ベートーベン ピアノソナタ第23番 ヘ短調 Op. 57「熱情」



お問い合せ:Tel. 03-3264-6011(内線13, 29) E-mail: eventi.iictokyo@esteri.it

お申し込み:件名を「10月28日リサイタル」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

クリスチャン・レオッタ Christian Leotta
1980年イタリア・カターニア生まれ。7歳でピアノを始める。ミラノのG.ヴェルディ音楽院でマリオ・パトゥッツィに師事。2002年モントリオールにて弱冠22歳でベートーベンのピアノソナタ全32曲を演奏。その後、欧米の主要都市で13回、同様の演奏を行う。2007年にカナダのアトマ・クラシック社とベートーベンのピアノソナタ全32曲の録音契約を結び、2008年から2014年にかけてシリーズ5作のCDをリリース。高い評価を受ける。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン室内管弦楽団、RAI国立交響楽団、ミラノG.ヴェルディ交響楽団などとも共演。ピアノリサイタルやオーケストラと共演するな
ど世界各地で演奏活動を行っている。

インフォメーション

日程: 2014年10月28日
時間: 18時30分 (開場18時)
場所: イタリア文化会館アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料(要申込)
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

カンツォーニ イタリアン・ソングブック キアラ・チヴェッロ&アルフォンソ・デイッダ コンサート

イベント終了日:2014年12月09日(火)
カンツォーニ イタリアン・ソングブック
キアラ・チヴェッロ&アルフォンソ・デイッダ コンサート

キアラ・チヴェッロ: ヴォーカル、ピアノ、ギター
アルフォンソ・デイッダ: サックス、フルート
concerto
イタリア、アメリカ、ブラジルを中心に活躍するキアラ・チヴェッロは今年5枚目のアルバムCanzoniをリリースしました。この作品は、1960年代から今日までのイタリアの代表的ポップスを取り上げカバーしています。今回のコンサートでは、ノーザン・ソウル、ボサノヴァ、ブルー・アイ・ソウル、ジャズ、ポップミュージックをミックスした独自の世界を創り上げてきたチヴェッロが、Canzoniに収められた曲を中心に歌い、演奏します。

Profile
キアラ・チヴェッロ Chiara Civello
ローマ生まれ。18歳で渡米し、バークリー音楽大学で学ぶ。ラス・タイトルマンに見いだされ、彼のプロデュースによりアメリカの著名なジャズレコード会社、ヴァーヴ・レコードよりアルバム「ラスト・クォーター・ムーン」(Last quarter moon, 2005年)をリリース。デビューアルバムをヴァーヴ・レコードから出した初めてのイタリア人アーティストとなった。その後、The space between、7752をリリース。この3枚目のアルバムのタイトル7752は、チヴェッロにとって重要なふたつの都市、ニューヨークとリオデジャネイロ間の距離(キロメートル)を示している。リオデジャネイロで、ブラジルの著名なシンガーソングライター、アナ・カロリーナとのコラボレーションが始まる。2012年、第62回サンレモ音楽祭に参加。同年、アルバムAl posto del mondoをリリースした。2013年にはライブプロジェクトSOLO+をブラジルで開催。5枚目のアルバムとなるCanzoniは、ニコラ・コンテがプロデュースし、G.ジルやA.カロリーナ、E.スポルディング等がゲスト参加している。

アルフォンソ・デイッダ Alfonso Deidda
1970生まれ。サレルノ音楽院でサックスを学ぶ。同時にイタリア国内でジャズのコンサート活動も精力的に行う。主にサックス奏者として参加したが、時にはフルート、ピアノ、キーボード、パーカッションも担当した。ナポリ音楽院ジャズ科でB.トンマーゾ、P.コンドレッリに師事し、修了。M.スターンやB.コブハム、L.ボウイなど国際的に活躍するミュージシャンと共演。イタリア国内でも、S.ディ・バッティスタやR.アルボレ、D.レア、R.ガットなどと共演している。ウンブリア・ジャズやユーロジャズ・フェスティバルはじめ、国内外のジャズフェスティバルに参加している。

日時:12月9日(火) 18:30 (開場18:00) 
場所:イタリア文化会館 アニェッリホール(B2)

お申し込み:件名を「12月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

Roma is Music

イベント終了日:2015年01月16日(金)
エレナ・ボネッリ コンサート

演出:ジーノ・ランディ
LMG_0265 new.jpg
イタリア内外で活躍するシンガー、エレナ・ボネッリがローマの名所旧跡や景色の映像をバックにカンツォーネを歌います。

アデルモ・ムッソ ピアノ
ジャンドメニコ・アネッリーノ ギター
ロレンツォ・オルランディーニ ミキサー

プログラム:
Inizio Medley
Quanto sei bella Roma
Le streghe
Barcarolo romano
Gita a li castelli


お申し込み:件名を「1月16日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)



エレナ・ボネッリ Elena Bonelli
歌手、女優。ジジ・プロイエッティに師事する。ガブリエッラ・フェッリ(1970年代に活躍したポップス歌手)以降、衰退していたローマのカンツォーネを復活させた。世界各地で演奏会を行い、その数は130の国と地域に及ぶ。
「イタリアの卓越性を伝える親善大使」としてさまざまなプロジェクトに参加しており、2000年に当時のチャンピ大統領に、国歌を広める提案をし認められる。
C.リッツァーニ(演出家)、S.バルドッティ(芸術監督)、P.カルーソ(編曲家)とともに立ち上げた企画“Roma in the world”によって、ローマのカンツォーネを再評価し広める活動をしている。今回日本で公演する“Roma is Music”は最新作である。


インフォメーション

日程: 2015年1月16日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

「ストルネッロからラップまで」

イベント終了日:2015年01月19日(月)
_MRM4194.jpgエレナ・ボネッリ レクチャー

エレナ・ボネッリが、ローマとナポリのカンツォーネがどのように変遷してきたかを語ります。
ナポリのカンツォーネは19世紀から広く普及していましたが、ローマのカンツォーネは、その詩的美しさ、表現の豊かさにもかかわらず、それほど知られていませんでした。
ボネッリはレクチャーで、カンツォーネの歴史をたどるなかで、その理由を説明します。またその考察は、ボネッリが、短い民謡「ストルネッロ」の現代の形と考えるラップにまでいたります。

日伊同時通訳付

お申し込み:件名を「1月19日レクチャー」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)


エレナ・ボネッリ Elena Bonelli
歌手、女優。ジジ・プロイエッティに師事する。ガブリエッラ・フェッリ(1970年代に活躍したポップス歌手)以降、衰退していたローマのカンツォーネを復活させた。世界各地で演奏会を行い、その数は130の国と地域に及ぶ。
「イタリアの卓越性を伝える親善大使」としてさまざまなプロジェクトに参加しており、2000年に当時のチャンピ大統領に、国歌を広める提案をし認められる。
C.リッツァーニ(演出家)、S.バルドッティ(芸術監督)、P.カルーソ(編曲家)とともに立ち上げた企画“Roma in the world”によって、ローマのカンツォーネを再評価し広める活動をしている。今回日本で公演する“Roma is Music”は最新作である。


インフォメーション

日程: 2015年1月19日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

マルコ・デル・グレコ ギターリサイタル

イベント終了日:2015年04月14日(火)
201503170846pallepalle.jpg2010年の東京国際ギターコンクールで優勝するなど、高い評価を受けているマルコ・デル・グレコがパガニーニ、武満徹、細川俊夫ほかの曲を演奏します。


プログラム:
マウロ・ジュリアーニ  大序曲Op.61
ニコロ・パガニーニ  ギターのための43の小品集「気まぐれ」 より
ニコロ・パガニーニ  ギター・ソナタ第29番
武満徹  エキノクス
細川俊夫  2つの日本の歌 1.子守唄 2.さくら
アグスティン・バリオス  情熱的マズルカ、フリアフロリダ(舟歌)、ワルツ


お申し込み:件名を「4月14日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it t Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)


マルコ・デル・グレコ Marco Del Greco

東京国際ギターコンクールの優勝者で、この年代では傑出したギタリストのひとりである。

1982年ローマに生まれ。同地サンタ・チェチーリア音楽院のカルロ・カルファーニャのクラスで音楽教育を受け、最高成績で修了した。その後、スイスのバーゼル音楽院へ入学し、ステファン・シュミットのクラスでコンツェルト・ディプロムの2年制コースを最優秀の成績で修めた。

アリーリオ・ディアス、ターラントのニコラ・ファーゴ、チッタ・ディ・ローディの各国際ギターコンクールで1位を獲得し、バーリのマウロ・ジュリアーニのコンクールで2位、マイアミ国際ギターコンクールで3位を受賞している。2010年には世界でも重要なギターコンクールのひとつ、第53回東京国際ギターコンクールで優勝。2011年末に日本で長期のコンサートツアーを行い成功させている。またマドリードの国立音楽堂、日経ホール、銀座ヤマハホール、中国国家大劇院ホール、バーゼル音楽院大ホール、ロシアのカリーニングラードのドラマ劇場など世界の主要なコンサートホールで演奏を行っている。

現在イタリア・カラブリア州ヴィーボ・ヴァレンツィアにあるファウスト・トッレフランカ音楽院で後進の指導にあたっており、ローマ・ギター・フェスティヴァルの芸術監督も務めている。



インフォメーション

日程: 2015年4月14日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

ITALYANA

イベント終了日:2015年05月27日(水)
エンマ・レ コンサート
201504220849emma re.jpg
イタリア内外で活躍するシンガー、エンマ・レがナポリのカンツォーネや、さまざまな時代のイタリアンポップスの名曲を歌います。「ヴォラーレ」や「君と旅立とう」など日本でもお馴染みの曲も予定されています。

プログラム:

Nel blu dipinto di blu (Volare)
Caruso
Almeno tu nell’universo
Insieme
'O surdato ‘nnamorato
Con te partirò
‘O sole mio



エンマ・レ ヴォーカル
ロベルト・サッビ ドラムス
シモーネ・チェラッキ ベース
ダニーロ・チミニエッロ キーボード
ファビオ・スカルバーチ ギター

お申し込み:件名を「5月27日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線29, 13)

エンマ・レ Emma Re
イタリアのほか、中国、フランス、アメリカでも活躍。とりわけ中国とのつながりは深く、2008年の北京オリンピック関連イベントでもその歌声を披露し、中国ではその後何度も公演している。2009年にデビューアルバム“Emma Re”をリリース。ポップスやジャズなどをミックスし、イタリア語、英語、中国語で歌っている。その後、イタリア国内のみならず、モナコ公国やヴァチカン、フランスなどでも歌う機会を得る。2012年には、すぐれたイタリアを紹介する「ヒット・ウィークUSA」に参加し、ワシントン、マイアミ、ロサンジェルスで公演した。ミーナやL.テンコなどの名曲のカバーでも知られている。

インフォメーション

日程: 2015年5月27日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

Psychedelic Trance Tarantella tour 2015

イベント終了日:2015年06月09日(火)
イタリアのネオ・フォークグループ初来日コンサート
foto Kalàscima 02 (1).jpg
カラシマ Kalàscima

イタリア南部プーリア州サレント地方出身の6人グループ、カラシマは、南イタリアの民族音楽に外国の音楽を取り入れ、現代風にアレンジした独自のサウンドを創っています。イタリア内外で活躍する彼らが今回はじめて来日し、伝統的な楽曲をアレンジした作品やオリジナル曲など、昨年リリースしたアルバム“Psychedelic trance tarantella”に収められている曲を中心に演奏します。

リッカルド・ラガナRiccardo Laganà (パーカッション、ボーカル percussioni, voce)

アルド・イェッツァAldo Iezza (ザンポーニャ、バグパイプ、笛 zampogna, cornamusa, whistle)

ルカ・ブッカレッラ Luca Buccarella (アコーディオン、ボーカル organetto, voce)

マッシミリアーノ・デ・マルコ Massimiliano De Marco (ギター、マンドリン、アイリッシュ・ブズーキ chitarra, mandolino, bouzouki irlandese)

フェデリコ・ラガナ Federico Laganà (タンブリン、ダラブッカ、カホン、マランザーノ、ボーカル tammorre, darabuka, cajon, marranzano, voce)

リッカルド・バジーレ Riccardo Basile (ベース、ライヴ・エレクトロニクス、ボーカル basso, live electronics, voce)



お申し込み:件名を「6月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)



カラシマ Kalàscima
プーリア州サレント地方出身の6人グループ。2003年に結成。同地の伝統的な民族音楽をもとに、バルカン音楽や、東欧系ユダヤの民謡をルーツにした音楽、クレズマーなどの外国の音楽のほか、電子音楽の要素も取り入れている。ザンポーニャ、バグパイプ、ラウネッダス、タンブリン、マンドリンなど民族楽器を用いつつ、現代的な音色を奏でる独自の世界を創りだしている。

イタリア内外で数多くのコンサートを開催。2012年のオーストラリアツアー公演では、国営放送ABCラジオ・ナショナルが一公演を完全収録した。また2013年にはAWME(オーストラリア・ワールド・ミュージック・エキスポ)に、イタリアのバンドとして唯一招聘され、演奏。同年、エクアドル、ドイツ、デンマーク、ベルギー、スイスで公演したほか、ハンガリーのシゲット・サウンド・フェスティバルにも参加した。その後も、南米、北欧、中東の国々でコンサートを開いている。

これまでに“Santa Maria del Foggiaro”(2010年)と“Psychedelic trance tarantella”(2014年)の2枚のアルバムをリリースしている。


インフォメーション

日程: 2015年6月9日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

Crossroads

イベント終了日:2015年09月04日(金)
ドナテッラ・アランプレセ コンサート
201507300608Foto 02.jpg
イタリアの魂が世界と出会うとき

情感あふれるエネルギッシュな声で、観客を魅了してきたドナテッラ・アランプレセ。今回のコンサートCrossroadsでは、国外の曲も取り上げながらも、きわめて独創的なスタイルでイタリアの魂を表現しています。ノスタルジー、熱狂、情熱の3つの楽想をテーマに、さまざまなジャンルの音楽をミックスし、独自の世界を創り上げています。それは、過去と現在、クラシックや現代音楽とポピュラー音楽を横断する旅であり、混じり合う響きのなかでイタリアの魂が輝きを放っています。L.べリオ、L.ダッラ、F.デ・アンドレ、A.ピアソラなどの作品をアレンジした曲の他、未発表のオリジナル曲も披露します。

プログラム:
Te vurria vasà
Caruso
La canzone dell’amore perduto
Blue moon
A Dino Campana
Luna Tucumana


ドナテッラ・アランプレセ ヴォーカル
マルコ・ジャコミーニ ギター
アンドレア・ティナッチ クラリネット

お申し込み:件名を「9月4日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

ドナテッラ・アランプレセ Donatella Alamprese
もともとクラシック音楽を学んだが、オペラ、ジャズ、ポップス、実験音楽など、さまざまなジャンルに活動を広げた。レンツォ・アルボレのテレビ番組“D.O.C.”や“Indietro tutta!”で活躍した後、さらに芸術性の高い音楽を目指す。豊かな表現力と個性的な声をもち、イタリア内外で活躍するようになる。ステージでは圧倒的な存在感を示し、観客の心に訴えかける洗練された数々の曲を8か国語を使いわけて歌っている。これまで、ヨーロッパ各国、日本、チリ、アルゼンチンで公演を行い、高い評価を得ている。アルゼンチンでは、現代屈指のタンゴ歌手とも評され、ギタリストのマルコ・ジャコミーニとともに、イタリア代表としてタンゴ・フェスティバルにも招聘 された。主要なコンサートホールをはじめ、ブエノスアイレス、サンティアゴ、東京のイタリア文化会館でも公演を行い、大きな成功を収める。イタリアやヨー ロッパ各国の重要なフェスティバルにも参加。Le Carrozze Recordsからリリースした最新のライブアルバムは、すべてA.ピアソラの曲で構成されている。


インフォメーション

日程: 2015年9月4日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 

リタ・ダルカンジェロ フルートリサイタル

イベント終了日:2015年10月09日(金)
photo 1.JPGイタリア内外で活躍し、かつて兵庫県立芸術文化センター管弦楽団の第1フルート奏者を務めたこともあるダルカンジェロがリサイタルを行います。

photo 2.JPG

プログラム:

J.S. バッハ フルート・ソナタホ長調 BWV1035
G. フォーレ 幻想曲 Op.79
F. ドップラー ハンガリー田園幻想曲 Op.26
L. デ・ロレンツォ ヴェネツィアの謝肉祭
C. サン=サーンス ロマンス Op.37
F. ボルヌ カルメン幻想曲
G. ブリッチャルディ 歌劇「椿姫」によるファンタジー

リタ・ダルカンジェロ フルート
濱野 基行 ピアノ

お申し込み:件名を「10月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it
Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)


リタ・ダルカンジェロ  フルート
Rita D’Arcangelo, flauto

グアルディアグレーレ(キエーティ県)生まれ。ペスカーラ音楽院修了。その後、マンチェスター国立音楽院、ミラノ国際アカデミー、マンハイム音楽大学で研鑚を積む。2008年ジェームス・ゴールウェイ卿主宰のマスタークラスで優秀者として表彰され、また国際コンクールで数々の賞を受賞する。ハンブルグのPhilarmonie der Nationenや兵庫県立芸術文化センター管弦楽団第1フルート奏者を経て、現在はベルリンのUnited Chamber Orchestraの第1フルート奏者。ポーランド、日本、マルタ、イタリア、スロヴェニア、スペイン、韓国でマスタークラスを行うほか、ドイツのラウジッツ音楽大学でフルートを教えている。ソリスト、室内楽奏者として活躍する。数々の演奏のなかで、特にJ.ロドリーゴ作曲の田園協奏曲は多くの国で絶賛されている。2012年にリリースした2枚組CD“Allegro con Brio”は、ロサンゼルスのグローバル・ミュージック・アワードでソロ器楽演奏賞を受賞。使用フルートはナガハラで、永原完一がダルカンジェロのために製作した。

濱野 基行  ピアノ
Hamano Noriyuki, pianoforte

東京都立日比谷高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。東京学芸大学修士課程音楽コース修了。第12回日本クラシック音楽コンクールピアノ部門全国大会入賞。ソロ演奏の他、室内楽、器楽・声楽の伴奏など、幅広いジャンルで演奏経験を積む。これまでに、ピアノを田中知子、渡辺健二、岡田敦子、鈴木弘尚、野田清隆の各氏に師事。現在、東京音楽大学非常勤伴奏助手。


インフォメーション

日程: 2015年10月9日
時間: 18時30分(開場18時)
場所: イタリア文化会館 アニェッリホール
主催: イタリア文化会館

入場無料。要予約
Share (facebook)
カテゴリー:終了したイベント > 音楽▲トップ
 
<< 3 / 13 >>